アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第33節 アーセナル VS エヴァートン】 またアウェイで敗戦。TOP4入へ痛すぎる敗戦

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 0-1 エヴァートン

プレミアリーグ】 2019/4/7(日)
アーセナル(A) 0-1 エヴァートン

【得点】
10’ 0 - 1 ジャギエルカ

ラムジーベンチスタート

f:id:tsuda929:20190409101600p:plain

 4/1の32節から3枚交代
OUT:ラムジー、ジャカ、イウォビ
IN:グエンドウジ、エルネニー、ムヒタリアン

フォーメーションも3-4-1-2ではなく、3-4-2-1気味

後半からは、ラムジーオーバメヤンを投入して4-2-3-1に変更した。

f:id:tsuda929:20190409101624p:plain

 

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190409101706p:plain

 

 

■戦評:ラムジー出し惜しみで内容乏しくまたアウェイで完敗

結果も内容も最悪である。
特に前半は何もできず、中盤が全く機能しなかった。
グエンドウジとエルネニーの役割が不明確で結果として、中盤と前線でパスが繋がらず攻撃を構築できなかった。
そんな中でのロングスローからゴタゴタからの失点。
後半早々の交代で、流れは変わったが、守備の部分はむしろ悪化してピンチの連続。
終わってみればシュート7本(枠内2本)、被シュート23本(枠内6本)、内容も完敗である。

M.O.Mは、ラカゼット
前線に繋がらない中体を張ってプレーしていた。
悔やまれるはその位置がやや低かったことだろう。

《悪かった点》
<前半は重心が低い>
前半特にロングボールが気になるのか全体が低く、全体が間延びしてコンパクトな陣形を保てず、前線までボールを繋げなかった。
グエンドウジとエルネニーの関係も不明確でボールを散らせなかった。
ジャカ、ラムジーがいないことで、ボール散らしも質が落ち、ラムジーがいないことで前への推進力も落ちてしまった。

<後半からのフォーメーション変更>
後半からフォーメーションを変えて、直後は好転したものの
その後も流れは良くなくて、シュートまで持ち込めないまま時間だけが過ぎていった。

《良かった点》
ムヒタリアンがドリブルで変化をつける>
ここのところドリブルができるのはイウォビのみだったのが、
ムヒタリアンもドリブルで変化を生んでいた。(ただし位置が低かった)


やはりラムジーをスタメンから外したことが疑問であった。
ELのナポリ戦を意識してしまったのだろうが、完全に裏目に出てしまった。

ともあれこれでもう負けは許されない状況になった。

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ