アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第31節 アーセナル VS ウルヴァーハンプトン】 ここにきての連敗でTOP4への道が遠のく5位

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-3 ウルヴァーハンプトン

プレミアリーグ】 2019/4/24(水)
アーセナル(A) 1-3 ウルヴァーハンプトン

【得点】
28’ 0 - 1 ネベス
37’ 0 - 2 ドハーティ
45’ 0 - 3 ジョタ
80’ 1 - 3 ソクラテス

■4-2-3-1 → 3-4-2-1

f:id:tsuda929:20190425190617p:plain

 
前節から7枚交代
オーバメヤンは2週で4試合連続スタメンの影響かベンチ外
ソクラテスが2試合の出場停止から復帰

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190425190633p:plain

 

■戦評:前半で3失点、最悪の惨敗

最悪としか言いようがない。惨敗。
動きは思いし、ほぼ何もできずに何も機能せずの敗戦。
この大事な終盤での2連敗でTOP4争いで一歩後退。


M.O.Mは、、、、エンティケア
正直選べない。誰もいない。ただこのブログでは必ずガナーズから1人を選んでたので…
そうすると、唯一の希望である若者を。

《悪かった点》

<後手を踏む守備>

とにかく最終ラインとボランチの間を使われピンチを招く。
バランスが悪いとしか言いようがないが、そのスペースを使われスピードアップされてしまっていた。
2失点目はラインコントロールミスで、3失点目はジャカの不用意なパスミスから。レノも抑えてほしかった。
とにかく守備が機能していない。ボール奪取数気のない守備はもういらない。

<変化を生む攻撃は皆無>

攻撃ではとにかく変化をつけられない。
とにかく縦にパス入らない、ドリブルで仕掛けられない、ミドル打たない、、、とにかく変化がない。
殆どの攻撃が、『CBから→ジャカ・エジルを経由して→WBにあてて→イウォビで左サイドを突破を試みる』なので、容易に予測でき、この試合でいうと両ワイドのスペースを埋められて対策されていた。
とにかく攻撃パターンの少なさが致命的で、シュートまで持ち込めないというのはもう重症である。
ラムジーのように2列目から前線に上がるか、もう少しジャカあたりにミドル打たせるパターンを作ってスペース作らないとどうにもならない気がする。
ここにきてのラムジー依存が凄まじい。

《良かった点》

<ほんとにない>

ほんとうになにもない。 せめて気持ちを見せてほしかった。


ともかくこれで5位。
1週間前の優位性を放棄したので、ここから食い下がれるか見ものである。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ