アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第4節 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 ノースロンドンダービーは打ち合いの末ドロー

 ■結果 アーセナル(H) 2-2 トテナム・ホットスパー

 【プレミアリーグ】 2019/9/1(日)
アーセナル(H) 2-2 トテナム・ホットスパー


【得点】
10’ 0 - 1 エリクセン
40’ 0 - 2 ケイン
45’ 1 - 2 ラカゼット
71’ 2 - 2 オーバメヤン

 

■4-3-3でラカゼットオーバメヤン・ペペ揃い踏み

f:id:tsuda929:20190902115104p:plain

前節から3枚交代
OUT:セバージョス、ウィロック、モンレアル
IN:ラカゼット、トレイラ、コラシナツ

モンレアルの移籍が決まって、左SBにコラシナツ
そして前線はついにラカゼット・オーバメヤン・ペペの3枚勢揃い


【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20190902115117p:plain

■戦評:壮絶な打ち合いは、2点差追いついてドロー

 

まさにノースロンドンダービーという熱い戦い、壮絶な打ち合いでした。
あっさり先制され、PKも与えたときにどうなることかと思ったが、ラカゼットが前半のアディショナルに決めてくれて反撃体制に入った。
後半は完全に押し込んで、トッテナムがカウンターで狙うみたいな展開で、息がつけない攻防が続いた。
その中でグエンドウジからのパスをオーバメヤンが決めて同点。
最後までお互いが勝ち越し点を狙ったが、最後の最後が決めきれずドロー。


M.O.Mは、ラカゼット
反撃の豪快な一撃も見事だったし、シュート6本、枠内3本は見事な数字。
(時点はペペ!どれか1本決まっていれば・・・)

Embed from Getty Images

《悪かった点》

ソン・フンミンへの対応>

 カウンター狙いでソン・フンミンが開いてセンターバックが追えない位置まで降りてからのスピード勝負を何度もやられていた。
途中背下げてくれて助かったが、あそこはSBが1枚残ってケアするなりが必要だった。

 

《良かった点》

<厚みのある攻撃>

 とにかく攻めてボールを奪われても激しくボールを再度奪いにってさらに攻撃を仕掛けれていたのは見事だった。
グエンドウジ、トレイラのスペースカバーがかなり有効であった。

 <ラカゼット・オーバメヤン・ペペの関係>

 この特徴の異なる3枚の前線が見事に絡み合っていた。
ペペは囲まれても巧みでやや強引なドリブルで突破できるし、あとは得点だけだった。
この3枚には今後も期待できそうだ。

 

 <セバージョスのボールキープ>

やはりこの選手は巧い!
Embed from Getty Images スペースが空いてきた時間帯から途中出場のセバージョス
見事にボールを足元で収め手間を向くので、攻撃の起点になれる。
足元に吸い付くようにキープできるスキル今後も効いてくるだろう。

 

ホームのノースロンドンダービーはやはり勝ちたかったが、
ともかく連敗だけは許されない試合で2点先制されながらも追いついたことは評価できる。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ