アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第6節 アーセナル VS アストン・ヴィラ】 退場者出して劣勢も、ペペ・チェンバース・オーバメヤン弾で勝ち点3GET

 ■結果 アーセナル(H) 3-2 アストン・ヴィラ

 【プレミアリーグ】 2019/9/22(日)
アーセナル(H) 3-2 アストン・ヴィラ


【得点】
20’ 0 - 1 マクギーン
59’ 1 - 1 ペペ
61’ 1 - 2 ウェズレイ
81’ 2 - 2 チェンバース
84’ 3 - 2 オーバメヤン

 

 

■ELから6枚交代で4-3-3気味の4-2-3-1

f:id:tsuda929:20190924201325p:plain

 

中2日のELグループステージから6枚交代
OUT:ウィロック、スミスロウ、トレイラ、ムスタフィ、チェンバース、マルティネス
IN:セバージョス、ペペ、グエンドウジ、ソクラテス、ナイルズ、レノ

何故かエメリが「日曜日のために帯同させない」と語っていたエジルはベンチ?!
ELの活躍でサカがスタメンに抜擢!


【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20190924201403p:plain

 

■戦評:先制許して退場者出してからのリカバリーで魂の勝ち点3GET

 

見事なまでのバカ試合。
あっさり先制されるし、ナイルズが2枚のイエローで前半のうちに退場。
これで10人で逆転しないといけなくなった。
これによって、やむを得ない事情で、スタメン抜擢のサカが残念だけど前半でチェンバースと交代。
そしてPKでペペがPL初得点で勢いに乗るかと思いきやあっさり失点。
もうだめかと思いきや、チェンバースが押し込んで、オーバメヤンがドカン!
まさかの逆転で勝ち点3GET!

Embed from Getty Images

M.O.Mは、グエンドウジ
1失点目はマーク外したことが原因でもあるが、そのマイナスポイントを上回る気迫とドリブル、パスでPK奪取、チェンバースへのパスで貢献した。

Embed from Getty Images

《悪かった点》

<中盤の守備は相変わらず>

 相変わらず中盤のスペースを空けてしまうのであっさりゴール前まで持ち込まれる。被シュート14本はこの2試合よりは少ないが、アストン・ヴィラ相手に枠内9本打たれるって…
反面、ジャカのロングフィードが活かせていればいいが、効果的なロングフィードはほぼなく、守備の悪さだけが目立った。

 

<ナイルズのDFとしての対応の悪さ>

 早々に1枚イエローもらっている状態であのスライディングはいただけない。
先にボールに触っている訳だから不運とも言えるが、あの蹴り方はファウルになる可能性が高いだけに選択ミスだろう。
ベジェリンの復帰前に退場で、次節も出れない。怪我もひどそうだから出れなそうだけど。これでは信頼もあったものではない。

 

《良かった点》

<1点ビハインド・10人からの反撃>

 もう後がない状態で誰も諦めることなくなりふり構わず得点を狙った姿勢。
とくにMOMのグエンドウジの気迫は、周りへの影響を含めて良いものがあったし、途中交代のトレイラ、ウィロックもチームに活力を与えた。

 

<ペペのプレミア初ゴール>

59分に、グエンドウジが獲得したPKをおそらくオーバメヤンが譲ってペペがキッカーを務め、真ん中下にPKを決めた。
オーバメヤンはラカゼットに譲った前例もあり、またもやなかなか結果が出ないチームメイトへのアシスト。
これで一気に乗ってくれれば…

 

 

内容的には褒められたものではないが、それでも気迫で勝ち取った勝ち点3には価値がある!次はカラバオ杯をはさんで、9.29はオールド・トラッフォードでのマンU戦。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ