アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 EL Group第2節 アーセナル VS リエージュ】 19歳20歳若手躍動の4発快勝!

 ■結果 アーセナル(H) 4-0 リエージュ 

 【EL】 2019/10/3(木)
アーセナル(H) 4-0 リエージュ


【得点】
13’ 1 - 0 マルティネッリ
16’ 2 - 0 マルティネッリ
22’ 3 - 0 ウィロック
57’ 4 - 0 セバージョス

 

 

■ローテーションで4-2-3-1

f:id:tsuda929:20191004200405p:plain



月曜日のマンU戦からはトレイラ以外10人交代。
ナイルズはSBではなくWGでの出場

エジルは?
特に情報はありませんが、ベンチにもいませんね。


【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20191004200420p:plain

■戦評:22分で3得点。セバージョスも移籍後初ゴールで快勝。

 

左サイドを中心に22分で3得点で盤石の展開で快勝。
ティアニーが効果的な上がりと、精度の高いクロスで後期を幾度となく演出し、それをマルティネッリ見事に決めきる。
ウィロックもきっちり決めて、セバージョスは移籍初ゴールを決めた!
シュートこそ打たれているものの、枠内にほぼ飛ぶことはなく危なげなく快勝。

Embed from Getty Images

 
M.O.Mは、マルティネッリ
2G1Aと結果も見事だが、アグレッシブな守備での貢献も大きく文句なしのMOM

Embed from Getty Images

《悪かった点》

<ゲームに入れないネイトランド=ナイルズ>

 右SBではなく、WGとして出場したナイルズだが、効果的な動きができないまま何度もボールロストして、ひとり波に乗れない。
9.22アストンビラ戦の退場を払拭する活躍、WGでの力を示すチャンスだったが、活かせなかった。

 

《良かった点》

<左サイドからの攻撃>

 左サイドの攻撃が見事に噛み合った。
ティアニー、ネルソン、セバージョスが絡んだ攻撃は、スピード感が有り前への意識も高く見事に機能した。
セバージョスのキープ力がいい感じに作用してティアニーの上がりを助けていていい関係になっていた。

 

<自由を与えない中盤の守備>

トレイラ、セバージョスの両ボランチと、トップ下のウィロックがピンチになるとしっかりスペースを埋めて、好きがあるとボール奪取と中盤の守備に無駄がなかった。PLの守備が嘘のようだ。
こうなるとPLでもジャカ、グエンドウジのコンビよりもこっちのコンビが見たくなるが…。

 

この2連勝でグループステージはだいぶ楽になった。
怪我明けのホールディング、ティアニー、ベジェリンもフル出場でいい感じ。
さらにこのまま若手にチャンスを与えることができる。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ