アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第8節 アーセナル VS AFCボーンマウス】 Dルイスの移籍後初ゴールで勝利で3位浮上

 ■結果 アーセナル(H) 1-0 AFCボーンマウス

 【プレミアリーグ】 2019/10/6(日)
アーセナル(H) 1-0 AFCボーンマウス


【得点】
9’ 1 - 0 Dルイス

 

 

■セバージョスが入って、4-3-3

f:id:tsuda929:20191008075521p:plain

10.3のELからセビージャスのみが連続スタメン。
9.30マンU戦からトレイラに変わってセバージョスが起用された。
(トレイラはマンU戦、ELと連続出場)
基本は4-3-3っぽかったが、セバージョスがトップ下的な位置の時間もあった。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20191008075548p:plain


 

■戦評:前半まずまず後半イマイチでなんとか勝利

 前半はまずまず、後半はイマイチで、9分の先制点を守りきって勝利。
先制点をあげたDルイスのヘッドは難しいヘッドだったと思うが、見事な移籍後初ゴールであった。

 

M.O.Mは、ダビド・ルイス
移籍後初ゴールのDルイスがMOM。守備でもミスなく、チームの守備は置いておいて、個人としては危なげなくクリーンシート達成。
Embed from Getty Images 次点は失点の危機を救ったチェンバース。
(危ないパスミスが数回あったためにMOMには届かず)

 

《悪かった点》

<単調で変化に乏しい展開力>

ボールを奪ったら縦に攻める意識はいいが、無駄に急ぎすぎることでボールロストが多く、さらに創造性が足りないことで決定機を作り出すことができていない。
批判の的になっているキャプテンジャカだが、急ぎ過ぎることで、得意のロングフィードも出ないし、後手を踏む守備であっという間にピンチになる要因となっている。

 

《良かった点》

ダビド・ルイスの得点>

移籍後初ゴール!CKからなかなか難しい角度ではあったが、見事に決めた。昨シーズンCBの得点が少なかっただけにこの得点力は武器になる。あとはいい人度満点で、早くもチームの支柱になりつつある。

<GKからのつなぎ>

GKからのつなぎを一旦やめて、蹴り出すことをチョイス。可能性はあるだろうが、いい形になっているとは思えずピンチにはなるという現状だっただけに、いい判断だろう

 

 

 

内容は置いておいて、勝ち点3を積み上げ3位浮上!
勝点を取りこぼさない間に、内容を改善してほしいが…

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ