アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 EL Group第3節 アーセナル VS ギマランエス】 低調な内容もぺぺの電撃FK2発で逆転勝ちで3連勝

 ■結果 アーセナル(H) 3-2 ギマランエス

 【EL】 2019/10/21(月)
アーセナル(H) 3-2 ギマランエス

【得点】
8’ 0 - 1 エドワーズ
32’ 1 - 1 マルティネッリ
36’ 1 - 2 ドアルチ
80’ 2 - 2 ぺぺ
90+1’ 3 - 2 ぺぺ

 

 

■10枚交代ローテーションで4-2-3-1

f:id:tsuda929:20191027002427p:plain

10.21敗戦のPLからウィロック以外10枚交代。
EL第2戦からネルソン、セバージョスの2枚交代

そしてエジルの名前はベンチにもなかった(怒)


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20191027002411p:plain

 

■戦評:低調な内容もぺぺの電撃FK2発で逆転勝ち
 

これまでPL組とは違って、Bチームは結果も内容も出していたが、ついにPL組の悪い部分がこちらにも出て、まったく組立ができなくなった。
スタッツを見てもポゼッションが67%あるにもかかわらずシュート数は16:17(枠内5:5)と変わらない結果に。
いかに効率が悪いか、シュートまで持ち込めていないかが分かる。
そんな試合をぺぺが救ってくれた。交代直後のFKを直接叩き込むと、アディショナルタイムにもFKを直接決めて、見事逆転。
チームとエメリを救った。

 

M.O.Mは、ぺぺ
文句なし!チームを救う2連続フリーキックで逆転勝ちに貢献。

《悪かった点》

<ナイルズ・ウィロックの低調な動き>

 ボールロストが多く低調としか言えない内容だった。
とくにナイルズは全くボールが収まらずいいところなし。SBでもWGでもポジションを失うだろう。
後半から2枚替えもやむを得ない。そしてこの2枚替えでだいぶ良くなった。

 

<トレイラの起用法>

 後半からセバーショズとグエンドウジをいれて、
セバージョスをトップ下にするのかと思ったら、この2人をボランチにして。トレイラをトップ下で起用。
全くの謎采配で、活かせてない感が半端ない。それでも3インターセプト2タックルで結果を残しているが、やはりDMFで起用して欲しい。

《良かった点》

<ぺぺ!ニコラ・ぺぺ!>

 2つのFKはもちろん格別だったが、その前のFKでホールディングに合わせたボールも見事だった。
浮上のきっかけにふさわしい見事な活躍で、プレッシャーから解放されてより活躍が期待できる。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ