アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第13節 アーセナル VS サウザンプトン】 19位サウサンプトンにもホームで内容でも負けてドローで8位後退

 ■結果 アーセナル(H) 2-2 サウザンプトン

 【プレミアリーグ】 2019/11/23(土)
アーセナル(H) 2-2 サウザンプトン

 

【得点】
8’ 0 - 1 イングス
18’ 1 - 1 ラカゼット
71’ 1 - 2 ウォードプラウ
90’+5’ 2 - 2 ラカゼット

 

 

■3バック継続で3-4-1-2

f:id:tsuda929:20191126113700p:plain



 

完敗したレスター戦から2枚のみ交代
OUT:コラシナツ、ホールディング
IN:ティアニー、ソクラテス

前節の完敗、ホームゲームを考えると布陣を変えてくるかと思いきや、フォーメーションは変えず。後半開始から、チェンバース→ペペ交代で、4-2-3-1に変更



【スタッツ】

 f:id:tsuda929:20191125195458p:plain

 

■戦評:スタッツ通り何も改善しない内容で辛くもドロー

 

Embed from Getty Images

スタッツが示すとおり何も改善していなかった。もはやため息しか出ない。
降格圏で苦しむサウサンプトン相手にホームで、この内容ではもはや改善する気がしない。どちらかというとよく負けなかったというべきだろう。

素早いリスタートでスキをつかれた先制点と、ティアニーのPKの2失点。この2失点はまだ弁解の余地はあるが、それ以上に決定機を作られているので、この結果は妥当だろう。
被シュートは相変わらずで、21本(枠内6本)打たれサンドバック状態。ズルズル下がる守備と、ボール奪取の意図を感じないプレスは変わらずだった。

 


M.O.Mは、ラカゼット
2得点は流石だが、2得点ともゴールパフォなしという意味深なメッセージを…

《悪かった点》

 悪い点はいつもと同じでモチベーションも上がらないので、省略。。。

 

《良かった点》

<ティアニーとエジルの可能性>

 

ティアニーとエジルの可能性
やはりティアニーの縦への仕掛けは可能性を感じるし、クロスの精度も高い。
まだまだエジルとのコンビはあってない場面が散見されたが、それでも可能性は感じた。
試合を積み重ねれば、いいコンビで左サイドを攻略してくれるだろう。


この1ヶ月の5試合がエメリの最終テストだと思ってたのに、1試合目で早くも脱落。
後任がいないから決断しないんだろうけど、このまま悪化したら今シーズンどころか長期的な低迷期に入る可能性も…。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ