アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第17節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 デブライネに2分で希望を打ち砕かれ何も出来ずに敗戦

 ■結果 アーセナル(H) 0-3 マンチェスター・シティ 

 【プレミアリーグ】 2019/12/15(日)
アーセナル(H) 0-3 マンチェスター・シティ

【得点】
2’ 0 - 1 デブライネ
15’ 0 - 2 スターリン
40’ 0 - 3 デブライネ

 

■久々勝利のウエストハム戦からほぼ変えずに4-2-3-1 

f:id:tsuda929:20191216190142p:plain


第16節のウエストハム戦から2枚交代
OUT:ティアニー、ジャカ
IN:コラシナツ、グエンドウジ

肩の脱臼で全治3ヶ月のティアニーと脳震盪のジャカはベンチ外。
ラカゼット、ダビドルイスは引き続きベンチスタート


【スタッツ】

 f:id:tsuda929:20191216190155p:plain

 

■戦評:デブライネを止められる2G1Aくらって完敗

 まぁ想定内だっとは言え、何も出来ずに0-3完敗である。
デブライネに2G1A決められてたのだが、個人能力がすごいというのは簡単だが、チームとしてデブライネを止める手立てをたてることが出来なかった。
スタッツを見てもシュート6本(枠内1本)しか打てなかったわけだし、しかも後半シュート3本(枠内0)という結果で3失点しているのに、得点を生み出すチャンスメイクがほとんど出来ていなかったに等しい。


M.O.Mは、トレイラ
残念ながらこの選出は消去法に過ぎない。
パフォーマンスとしてはレノがよかったが、3失点のGKは流石に選出できず、大きなミスがなく、何度か相手のパスカットをしたトレイラを選出。

Embed from Getty Images

《悪かった点》

 ●いつものように攻撃が組み立てられない
●チームとしてオーバメヤンにシュートを打たせようという形が見えない
●ワンフェイントで簡単に剥がされるディフェンス
(グエンドウジとチェンバースとナイルズ)
エジルの交代時の態度(グローブ蹴りつけ)
 こういうことが干されるキッカケになるとなぜ学ばないのか?!
●最後の交代でウィロックを使うなど、どうにかして点を取るんだという気概が見られなかった

Embed from Getty Images

 

《良かった点》

 ●いつもよりはボールロストが少なかった?!(パス成功率86%はそこまで悪くない)
●ネイトランドナイルズ、ペペの右サイドはスピードで勝負ができていた
●今度はとうとうSBに入ったサカ、無難な動きを見せた。

 

この敗戦は想定内とは言え、この後、年内は

18節 エヴァートン
19節 ボーンマウス
20節 チェルシー

と簡単に勝点3を計算できる相手ではない。
この3戦でどうにか、6点は積み上げたのだが…

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ