アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第18節 アーセナル VS エヴァートン】 ユングベリへの感謝とアルテタへの歓迎試合もいいところなくドロー

 ■結果 アーセナル(A) 0-0 エヴァートン

 【プレミアリーグ】 2019/12/21(土)
アーセナル(A) 0-0 エヴァートン


【得点】

 

 

■マンC戦から5枚交代 若適用の4-2-3-1

f:id:tsuda929:20191223183038p:plain

惨敗の第17節からは5枚交代
OUT:エジル、ペペ、グエンドウジ、ソクラテス、コラシナツ
IN:スミスロウ、ネルソン、ジャカ、ダビドルイス、サカ

アルテタ新監督がスタンドで見守る中、
ユングベリ暫定監督からの最後のメッセージ的なスタメン。

エジルは怪我もあるけど、マンC戦の交代時の態度を問題視したことによるメンバー外であると明言した。
最後の最後までユングベリ暫定監督は妥協がない



【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20191223183052p:plain

■戦評:ありがとうユングベリメルテザッカー

 

Embed from Getty Images

両チーム次期監督がスタンドから見守るという珍し試合となった。
ユングベリ暫定監督への感謝と、新監督アルテタへのアピールのためにも是非ともいいプレーを見せたい試合であったが、
試合としては、両チームともいたって平凡で見せ場のない試合となってしまった。

とにかくビルドアップが出来ないのは重症だ。
中盤でボールを受けてもほとんど前を向くことなく、パスを回す。回した後も前にはいかない。この繰り返しでとにかくボールが後ろへ戻されていく。


M.O.Mは、マルティネッリ
明確にわかりやすく戦っていたのは、マルティネっリトトレイラぐらい。
この若者に託すのは申し訳ないが、誰よりも戦う意志を示してくれているマルティネッリを選出。

《悪かった点》

 ●いっこうに改善しないビルドアップ(中盤でボールを受けても前を向こうとしない)
●集中していないのか、ミスが多いダビドルイス
●縦パスを放り込めないジャカ

 

 

《良かった点》

 ●慣れないサイドバックを無難にこなすサカ
●ぼとんどミスのなかったチェンバース
●常に戦う気持ちを失わないマルティネッリ

 


ユングベリ暫定監督の最終戦は、なかなか厳しい内容で終わった。
ほんとにこの最悪の状態で、できる限りのことをしてくれたユングベリメルテザッカーには感謝しかない。
ここからアルテタ政権の樹立に向けていくわけだが、ここまで重症だと、すぐにどうこうなるわけではないだろうから、焦らずに自分の信じたことを貫いてほしい。

さぁ、年内は残り2戦。
12/26アウェイでのボーンマス戦、そして、12/29ホームでのチェルシー戦っ!

Embed from Getty Images

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ