アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ22節 アーセナル VS クリスタル・パレス】オーバメヤン退場!先制するも追いつかれて1節2節ぶりの連勝ならず

 ■結果 アーセナル(A) 1-1 クリスタル・パレス 


プレミアリーグ】 2020/1/11(土)
アーセナル(A) 1-1 クリスタル・パレス


【得点】
12’ 1 - 0 オーバメヤン
54’ 1 - 1 アイェウ

 

■前節と同じメンバーで4-2-3-1 

f:id:tsuda929:20200114192121p:plain




FA杯から4枚交代。前節からは交代なし
猫の目メンバーだったスタメンがひさびさに変わらなかった。



【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20200114195605p:plain

■戦評:完璧な流れで先制するも失点後にレッドカードでなんとかドロー 

 
先制点までは完璧だった。
ボールを保持し、サイドを使って攻撃を仕掛けて、目がサイドに行ったところで中央を崩して、Dルイス→エジル→ラカゼット→オーバメヤンと完璧。
ただ前半の終盤からプレスを熱くしたパレスに対してボールを蹴らされる場面が増え、セカンドボールを回収されるとパレスにもリズムがいって失点。
そしてオーバメヤンのイエロータックルからのVAR→レッドカードで流れを渡してしまった。
終盤82分にペペのポスト直撃のシュートが惜しいシーンであったが、試合を通してシュート7本は少なすぎる。 しかもそこまで良い守備をされたわけではない。


M.O.Mは、ダビドルイス
先制点のエジルへの縦パスも見事だったし、ビルドアップの形になりつつある、コラシナツ、もしくはオーバメヤンへのロングフィードもいい感じで収まっていた。


《悪かった点》

 ・クロスの精度…ある程度組み立ては出来たが最後の精度が上がらずシュートまで持ち込めず。
オーバヤメンの退場…判定は致し方がない。が、あのタックルが必要な場面ではなかっただけに痛すぎる退場だった。
トレイラの前半での負傷交代…おそらく怪我のために前半でグエンドウジに変わったが、ポジショニングが甘くボールの流れが悪くなってしまった。 

  

《良かった点》

ビルドアップの形…序盤の序盤の得点までは完璧に組み立てた。とくに両SBの使い方が良くて、パターンが出来つつある。
ナイルズの守備…パレスの頼みの綱のザハをトレイラと連携しつつ問題なく閉じ込めた。

残念がら第1節~2節以来の連勝を逃したてしまった。
しかもエースを退場でここから3試合欠いてしまうことが決まった。
パレス相手にシュート7本しか打てなかった。
でもアウェイでシュート6本に抑えたなんて今シーズンでは考えられない数字だ。
希望を持とう。2020年はまだ負けていない!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ