アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 ELラウンド321stレグ アーセナル VS オリンピアコス】 苦戦するも終盤のラカゼット弾で先勝

 ■結果 アーセナル(A) 1-0 オリンピアコス

 
【EL】 2020/2/20(木)
アーセナル(A) 1-0 オリンピアコス


【得点】
81’ 1 - 0 ラカゼット

 

 

■5枚交代4-2-3-1

f:id:tsuda929:20200224001015p:plain


2.16PLニューカッスル戦から5枚交代
OUT:エンティケア、ぺぺ、エジル、セバージョス、ベジェリン
IN:ラカゼット、マルティネッリ、ウィロック、グエンドウジ、ソクラテス

ベジェリンは帯同せずでソクラテスが右SBに入った。
Gkはグループリーグまでつとめたマルティネスではなくレノが務める。


【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20200224001035p:plain

■戦評:内容は低調ながらもきっちり勝って先勝 

前半はほとんどいいところなく低調な展開。
後半少しポゼッションは回復し、相手の運動量の落ちてきた81分にラカゼットがゴール。
その後も追加点が生まれそうだったが、そのまま1-0で勝利。
勝つことが最優先ではあったため問題はないが、内容はやや低調だった。


M.O.Mは、サカ
アシストも決めたし、もはやアーセナルの攻撃はサカを中心に動いている。

《悪かった点》

オーバメヤンの左WG
…この日は左サイドに開いてボールをもらうことが多く、なかなか驚異にはなれなかった。やっぱりオーバヤメンにはゴールの近くにいてほしい。

右SB起用のソクラテス
…なれないポジションでしょうがないが、攻撃ではスピードがなく右サイドは攻撃で機能しなかった。 そしてここでベンチにいて起用されなかったネイトランドナイルズ。序列的に厳しいか?!

重心が低い攻撃の組み立て
…PL26節に比べてボールがDMFではなく、CB中心に回るので全体的に重たく、なかなかプレスを掻い潜れず、ボールロストを繰り返した。 

 

《良かった点》

 シュートの意識が高いラカゼット
…この日はチーム1の5本のシュートを放ち、決勝ゴールも決めてみせた。PL26節のゴールがきっかけになったか?! 

 

これで公式戦2連勝。
そして1stレグでの勝利は大事。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ