アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第27節 アーセナル VS エヴァートン】 1分での失点も3発決めて逆転勝利で9位浮上

 ■結果 アーセナル(H) 3-2 エヴァートン

 【プレミアリーグ】 2020/2/23(日)
アーセナル(H) 3-2 エヴァートン


【得点】
1’ 0 - 1 カルバートルーウィン
27’ 1 - 1 エンティケア
33’ 2 - 1 オーバメヤン
45+3’ 2 - 2 リシャリルソン
46’ 3 - 2 オーバメヤン

 

■エンティケアまたスタメンで4-2-3-1

f:id:tsuda929:20200225202333p:plain



2.16ニューカッスル戦からは1枚交代
OUT:サカ
IN:コラシナツ



【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20200225202343p:plain

 

■戦評:激しい展開も3発決めて逃げ切り勝利で3連勝 


凄まじい展開をなんとか制して公式戦3連勝&10戦負けなし。
開始1分で失点したときは「マジか?!」と思ったが、しっかりリアクションして逆転。
でも前半終了間際に失点してまた同点に。それでも後半早々勝ち越して、最後はなんとかギリギリで凌ぎきって勝利!


M.O.Mは、オーバメヤン
正直候補が多すぎて迷った。神セーブ連発のレノ、ボールをクリアしまくったムスタフィ、攻撃の起点となったセバージョス、ジャンピングボレーのエンティケア。候補がいっぱい。
でもややっぱり、2度の勝ち越しゴールを決めたエースを選ばないわけには行かない。Embed from Getty Images


《悪かった点》

終盤の運動量の低下
…中2日の影響もあって終盤運動量が落ちてクリアするのが精一杯でいつ失点してもおかしくなかった。

コラシナツの怪我
…怪我からの復帰戦でまたもや負傷。肩の脱臼かなんかだと思うが、見せ場がないままわずか18分での交代はサカの負荷を考えて痛い。 

 

 

《良かった点》

 神セーブ連発のレノ
…とにかくレノに助けられた。至近距離からの神セーブや飛び出してのクリアなどレノがいなかったら負けていただろう。 Embed from Getty Images

ダビドルイスからのスルーパス
…ついに出たダビドルイスへの寄せが甘くなったタイミングでスルスルっと上げってオーバメヤンにグラウンダーのスルーパス。完璧だった。これまで上を通すことは多かったが、グラウンダーでこのボールが増えれば更に可能性が増える。

ジャカ・セバージョスでの組み立て
…この2人がよくボールに絡む。パス数はジャカ72本90.3%、セバージョス55本87.3%と申し分なく、ここで回せるのでエジルがより高い位置でボールに絡める。そしてそのエジルは53本90.6%とキーパスこそ少なかったがしっかり役割はこなしていた。

右サイドからの攻撃
…この試合ペペのクロスは5本。これまで左サイドに偏っていた攻撃が、ベジェリンが入ってからバランス良くなってきている。それはこれまでペペ一人で突破する形が多かったのが、ベジェリン、エジルと絡んで突破することが多くなってきたことの成果である。


またミッドウィークにELの2ndレグがあり過密日程で、左サイドバックの不在など問題はあるが、どうにか乗り切って欲しい。 

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ