アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【チームニュース】 ベンチメンバーは9人・交代枠5人に変更

 ■ベンチメンバーは9人・交代枠5人に変更

 6月17日からプレミアリーグが再開に向けて一部ルールの変更が行われた。

長期の中断に寄る選手が怪我をするリスクは高まったこと、過密日程になることがその主な理由である。

 

 
で、我らがガナーズへの影響だが、メンバーがどうなるかをシミュレーション。

中断前最後のスタメンがこちら↓

2020/3/7 ウェストハム

若干日程が過密だったこともあってメンバーが入れ替わっている

GK:レノ

DF:ソクラテス・ダビドルイス・マリ・サカ

DMF:ジャカ・セバージョス

OMF:ぺぺ・エジルオーバメヤン

FW:エンケティア

 

ベンチメンバー↓

GK:マルティネス

DMF:グエンドゥジ・ベジェリン88’

OMF:ウィロック・ネルソン69’

FW:ラカゼット59’・マルティネッリ

 


さてこの試合のベンチ外を見てみると

DF:ネイトランド=ナイルズ・ソアレス・ムスタフィ・ティアニー・コラシナツ

DMF:トレイラ

 

こうみると、攻撃オプションのためにDFを外しているので、怪我への対処で後手を踏んでしまうが、2名増えるとするとDFから2枚増やすことが予想される。

あとは、新加入のスアレスや、怪我明けの選手を様子見でベンチに入れて展開次第で試せることもあるだろう。で、怪我人が帰ってくると外されがちなネルソンやウィロックあたりはベンチ外にならずに済むのでチャンスは増えそうである。

悪くはなさそうだ。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ