アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第31節 アーセナル VS サウザンプトン】 再開後初勝利も内容が伴わず課題を残す

 ■結果 アーセナル(A) 2-0 サウザンプトン

 【プレミアリーグ】 2020/6/25(木)
アーセナル(A) 2-0 サウザンプトン


【得点】
20’ 1 - 0 エンティケア
87’ 2 - 0 ウィロック

 

 

■予想外?!2TOP対策で3バックで挑む

f:id:tsuda929:20200629234340p:plain

フォーメーションはまさかの3-4-3と3バックを採用
前節からの交代は4枚
OUT:レノ、コラシナツ、グエンドウジ、ラカゼット
ON:マルティネス、ティアニー、ジャカ、エンティケア

そしてジャカ復帰、グエンドウジベンチ
サカ、オーバメヤンはまたもスタメン。



【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20200629234319p:plain

■戦評:内容乏しくもミス着いて勝ち点3ゲット

 

スタッツが示すとおり内容的には乏しい限りだが、相手のミスを突いて2点奪って再開後初勝利。
どうしても勝ち点3が必要な試合で不格好ながら勝利した。

 

 M.O.Mは、ホールディング
3バックの中央で出場すると、単調ではあるが相手のクロスをことごとく跳ね返し、決定機を作らせなかった。

《悪かった点》

 

 つながらない攻撃、停滞する右サイド
…左サイドは序盤にジャカからオーバメヤン→ジャカ→サカへの鋭いスルーパスがあったりいい面はあったけど、右サイドは連動性に欠けペペが孤立する場面が散見された。ベジェリンはボールロストが目立った。

決めきれないオーバメヤン
…前半9分の完全に抜け出して1対1の先制のチャンスをバーにあて、53分のマルティネスからのスーパーゴールキックからのチャンスも折返しをDFに止められた。この日はオーバメヤンの日ではなかった。

 

《良かった点》

 ジャカの存在感
…やはりこの漢が入ると縦への推進力が増す。らしいボールロストも何度かあったもののらしいパスも見せてくれた。

 

ともかく勝ってよかった。
でもこの内容だと順位上げるは正直難しいだろうね。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ