アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第33節 アーセナル VS ウルヴァーハンプトン】 サカPL初ゴール&ラカZ1年半ぶりアウェイゴールでPL3連勝

 ■結果 アーセナル(A) 2-0 ウルヴァーハンプトン

 【プレミアリーグ】 2020/7/4(土)
アーセナル(A) 2-0 ウルヴァーハンプトン


【得点】
43’ 1 - 0 サカ
86’ 2 - 0 ラカZ

 

■安定の3-4-3 

f:id:tsuda929:20200707210237p:plain

7.1ノリッジ戦から3枚交代
OUT:ラカゼット、ネルソン、ベジェリン
IN:エンティケア、サカ、セドリック

前節デビューを果たしたセドリックがスタメン
右WGにはサカ(どうやらペペは出産間近で外れたらしい)

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20200707210249p:plain

 

■戦評:前半Arsenal後半ウルヴァーハンプトンペースも決定力の差

 やっかいな相手ウルヴァーハンプトン相手に見事な快勝
なかなか決定機を作れれない相手に、ソアレスオーバメヤン→ティアニー→サカの見事なボレーで先制
後半に入ってボールを保持されてペースを握れないなか、途中交代の2人、ウィロック→ラカZで追加点。


M.O.Mは、サカ
右WGで出場のサカ。ソアレスとのコンビがあまりうまく行ってなかったが、それでもティアニーのクロスを見事なボレーで今シーズン初ゴール。そして契約延長ありがとう。

《悪かった点》

 リードすると引きすぎてボールを保持できなくなる
…いつものことだがリードするとどうしても後ろ体重になりボールを保持される展開になってしまう。結果ポゼッションも上回れてしまう。ただこの日程のことがあるので運動量が落ちるのはしかたないのかもしれない。

 

《良かった点》

的確だった選手交代
…56分ナイルズ、76分ウィロック・ベジェリン、83分ラカゼット・トレイラ。どれもが意味のある的確な交代策だった。左WGに入ったナイルズも見事にトラオレを抑えてみせたし、攻め込まれていた右サイドをベジェリンとウィロックでカバーした。

ラカゼットは実に1年半ぶりのアウェイゴール
…ついにゴールが。アウェイゴールから見放された男がついにドアを開けた。いやケチャップ出した。見事なファーストタッチからの渾身の一撃。ここから気も楽になって得点量産の予感。

 PL3試合連続クリーンシート
…3バック採用から安定感を増した守備。3バック効果は1人が積極的にアプローチに行けること。そのおかげかムスタフィが安定感抜群で、ダビドルイスもイエローはもらったもののその他は安定していた。

 

さて、ここから試練のレスター、トッテナムリヴァプールとの連戦。
踏ん張るしかない。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ