アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第36節 アーセナル VS リヴァプール】 ゲーム支配されながらもファン・ダイク、アリソンからミス誘発させて逆転勝利!

 ■結果 アーセナル(H) 2-1 リヴァプール 

 【プレミアリーグ】 2020/7/15(水)
アーセナル(H) 2-1 リヴァプール


【得点】
20’ 0 - 1 マネ
32’ 1 - 1 ラカゼット
44’ 2 - 1 ネルソン

 

FA杯見据えてローテーション 

f:id:tsuda929:20200717191521p:plain


7.12苦杯のNLDから中2日&7.20のFA杯マンC戦を見据えて5枚交代
OUT:オーバメヤン、セバージョス、ベジェリン、コラシナツ、ムスタフィ
IN:ネルソン、トレイラ、ソアレス、サカ、ホールディング

準備はできていたはずのエジルはベンチ外?!




【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20200717191535p:plain

 

■戦評:先制されるもミスから2発で逆転勝利 

まさかの絶対王者に先生されながら逆転勝ち
20分に先制されたときは「やっぱり」って思ってたけど、最強CBファン・ダイクのミスを突いてラカゼットがゴールし、最強GKアリソンのミスを突いてネルソンがゴールしての逆転劇。
そして防戦一方でただ耐えるだけの後半。時間の問題だと思っていたけど、それにも切り抜けて見せての逆転勝利。
信じられないスタッツだし、力の差を感じるだけだけど、勝利は勝利。
ちなみにスタッツ上、チーム内でタッチ数1位、パス数1位はマルティネスのタッチ数57・パス数40という驚愕の事実?!


M.O.Mは、ラカゼット
1ゴール1アシストでMOM。次点は24本のシュート防いでくれたマルティネス。 Embed from Getty Images

《悪かった点》

1点リードしてから重心が下がって防戦一方になる
…これはずっと変わらない。リードするとどうしても重心が下る。ティアニーはそれでもインターセプトを狙って動けるから良いのだが、他の選手は…。トレイラも積極的に奪取にいけるもう少し奪いに行かないと一方的になる。

ハイプレス以外でのシュートがウィロックの1本のみ
…この試合はほとんど攻撃を作れなかった。裏に抜けることもなく組み立てもできず。守備的にならざるを得ないとしても、せめてカウンターのパターンを見つけておきたいところ。

 

《良かった点》

ハイプレスでミスを誘発させた
…ハイプレスからの2得点。ファン・ダイクとアリソンの2人からミスを出させたことに意義がある。流石にモチベーションの差な気がするけど。

 

ネルソンPL初ゴール
…ついにこの男にもゴールが。この試合も何度も裏抜けにチャレンジしていて可能性は感じた。ここから伸びてほしい。

Embed from Getty Images


集中を切らさなかった守備陣
…CB起用されたティアニー・ダビドルイス・ホールディングの3人がしっかり守ってくれた。前節のムスタフィ、コラシナツとは対象的に安定かつ強度持っていた。


王者への勝利なのだから素直に喜べば良いのかもしれないが、どこか喜べない。
それでも諦めるしかないと思っていたPLでのEL圏獲得にものぞみが出てきた。
さぁ、FA杯で今度はマンC撃破だ!
そしてPLは残り2試合、アストン・ヴィラワトフォード戦。2連勝あるのみ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ