アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 カラバオ杯3回戦 アーセナル VS レスター】 いきなりレスターでも2発で快勝!次はリヴァプール

 ■結果 アーセナル(A) 2-0 レスター・シティ

 【カラバオ杯】 2020/9/24(木)
アーセナル(A) 2-0 レスター・シティ

【得点】
57’ 1 - 0 O.G.
90’ 2 - 0 エンケティア

 

カラバオ杯は1.5軍のやや本気モード 3-4-3 

f:id:tsuda929:20200926083033p:plain

PL第2節から7枚交代
残ったのは、レノ、コラシナツ、ホールディング、サカ の4枚
(一方レスターは11枚総取っ替え)

カラバオカップはどうしても優先順位が下がるが、それなりのメンバーを揃えた。
サリバと新加入GKルナルソンの起用も考えられたが見送られた。
サリバに関してはかなり慎重になっている印象。
エジル、ゲェンドゥージ、トレイラはベンチ外

【スタッツ】

 f:id:tsuda929:20200926083114p:plain

 

■戦評:拮抗した試合も2点とって勝利 

ゲームとしてはお互い拮抗していてたが、チャンスをものにしたアーセナルが勝利。
いい形でハイプレスが効いていてアルテタの守備のプランが浸透してきているのが分かる。
57分の先制点は、O.G.ではあったもののペペが右サイドをえぐった結果。
90分のエンケティアのゴールは、ベジェリンのキレッキレのドリブルからこぼれ球を押し込んだ形。


M.O.Mは、ネルソン
開始早々のミドルシュートなど、ボールを持てば驚異となっていた。経験を積むためにローン候補になっているが欲しいチームはたくさんありそうだ。

《悪かった点》

 シュートまでの形
…シュート10本と最低限は打てて入るが、スタッツの殆ど変わらないレスターのシュート15本と比べると物足りない。攻撃の軸が欲しい。

Nナイルズのケアレスミス
…しばらく鳴りを潜めていたNナイルズのトラップミスやパスミスなどのイージーミスがこの試合は散見された。集中力が足りないときに出てくるのかボールロストが多かった。

 

《良かった点》

 GKからのハイプレス回避
…こちらはメンバーが変わっても問題なく出来ていた。メンバーが変わっても遂行できるのは共通意識がある証拠でアルテタの手腕だろう。

 

DMFエルネニー・ウィロックのコンビ
…エルネニーは危ない気ない安定したプレー。ウィロックは運動量を活かしたアグレッシブなプレーとDMFが機能した。エルネニーのプレーは、ジャカ頼みだったDMFに新たなオプションをもたらしてくれてジャカへの負担も軽減されるだろう。

 


相手がレスターになったときは負けてもしょうがないと思っていたけど、やっぱり勝ってよかった。ベンチメンバーにとっては貴重な試合になるしアピールにもなる。
と思ったら次はリヴァプールが相手とか?!まだ4回戦だぞ?! しかも月曜日のPLで戦ってすぐだぞ?!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ