アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第9節 アーセナル VS リーズ・ユナイテッド】 ペペ退場で守備一辺倒で被シュート25本もなんとかドロー

 ■結果 アーセナル(A) 0-0 リーズ・ユナイテッド

 【プレミアリーグ】 2020/11/22(日)
アーセナル(A) 0-0 リーズ・ユナイテッド


【得点】

 

■今シーズン初4-2-3-1 CFオーバメヤン 

f:id:tsuda929:20201126172756p:plain

前節から4枚交代
OUT:ラカゼット、トーマス、エルナニ-、サカ
IN:ペペ、ジャカ、セバージョス、ウィロック

トーマス、エルネニーが出場できないこともあってかフォーメーションも4-2-3-1に変更
そしてオーバメヤンをCFで起用

【スタッツ】

 f:id:tsuda929:20201126172828p:plain

 

■戦評:ペペ退場でサンドバック状態

残念すぎる内容と結果。
退場者を出してドローなら悪くはないのだが、そこまでの展開も良くなく、退場者出してさらに悪化して、なんとかドロー。
レノとポストがなければ敗戦していただろう。
言い訳として早い時間に退場者を出したからということはできるが、問題はそれまでに時間帯でほとんど攻め入ることが出来ていないことだ。
思い出すのも辛くなってきた・・・。


M.O.Mは、ポストではなく、レノ
被シュート25本は悪夢の被シュート31本に次ぐ多さである。決定力なさに助けられた感は否めないがレノの功績は大きい。

《悪かった点》

 ペペの愚行
・・・いろいろやりあっていたので気持ちはわかるがコントロールしてほしかった。サカのコンディションの問題で巡ってきたスタメンの機会を自ら不意にしてしまったというのが実にもったいない。ジャかと違ってしっかり謝罪してたので切り替えてもらいたい。 Embed from Getty Images

下がりすぎる中盤DMF
・・・ジャカとセバージョスが攻められると下がりすぎて、すぐ最終ラインに吸収されてしまうので、中央にぽっかり空白地帯ができてしまう。このスペースのおかげで2ndボールが拾えずに防戦一方になってしまっている。 運動量が求められる今のフォーメーションではこの2人だとどうしても埋めきれていない。

 

《良かった点》

 4-2-3-1フォーメーションへのトライ
・・・これを良い点と言ってしまっていいかは微妙だが、CFオーバメヤン、トップ下ウィロックを試した。とても機能したとは言えないが、次への一手としては良いトライだと思う。

 


これで次節ペペも使えないし、前半で交代したウィリアンも怪しい。
サカは疲労が心配だけど使わざるを得ないだろう。
シーズン途中のフォーメーションの以降は簡単ではないが、トライし続けてもらいたい。 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ