アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第12節 アーセナル VS バーンリーFC】 ジャカの愚行でゲームを壊して、ホーム4連敗の悪夢

 ■結果 アーセナル(H) 0-1 バーンリーFC

 【プレミアリーグ】 2020/12/12(土)
アーセナル(H) 0-1 バーンリーFC


【得点】
73’ 0 - 1 OG(オーバメヤン

 

■4-2-3-1を継続 

f:id:tsuda929:20201214184353p:plain


ELで3-4-3に戻したのもあって戻すのかと思ったが4-2-3-1を継続

前節からは1枚交代
OUT:トーマス
IN:エルネニ-

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20201214184411p:plain

 

■戦評:ジャカの愚行とO.G.で敗戦


ジャカが試合をぶち壊した。もはや悪夢だ。
56分、ファウルで怒った相手に逆上して首に手をかけ一発レッド
得点こそ奪えないものの完全に主導権を握っていただけにやってはいけない、愚かな行動だった。
そして73分にCKからのボールをクリアしきれずO.G.
その後も好機は作ったがPopeにことごとく止められそのまま敗戦。

エルネニーが退場じゃなくてよかった…。

M.O.Mは、サカ
4本のシュートと可能性のあるクロスを上げていた。 とはいえ…。

《悪かった点》

 ジャカの愚行(昨年に続き2度目)
…もう弁解の余地なし。出場停止もあるけど、できればしばらく見たくない。そしてプレーでもはやりスピード感にかけ物足りないし、縦パスも入らない。 Embed from Getty Images

ベジェリンとウィリアンの関係性
…今の役回りがマッチしていない。ウィリアンが開いてベジェリンが内側を上がる。二人で数滴有利を作るでもなく、連動しているわけでもない。どちらも止まった状態でパスを受け、切り込む前にクロスを上げる。そして跳ね返される。ベジェリンはサイドを縦に切り裂いてこそ良さが出る。もちろんバリエーションとして内に切り込むこともいいと思うが、サイドがあるからこその内である。今の形を安ならベジェリンよりもナイルズやセドリックのほうが向いているだろう。 

 

《良かった点》

 トップ下ラカゼット
…トップ下が良かったというよりも、唯一DFとCMFの間の位置で受けられていた。やはりもっと中央からの攻撃を増やしてほしい。結果的にサイドになるにも中使ってからの外であるべきだ。



1959年12月以来となるホーム4連敗
ホームでバーンリーに敗れるのは1974年以来
PL5試合勝利なし
降格圏まで5ポイント差の15位

悲観的なことしかないが、前を向くしかない。
ガブリエウが前向きなコメントをしてくれている。
移籍1年目で気を吐いてくれている彼にこんなコメントをさせて申し訳ないぞ。 

 

Embed from Getty Images

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ