アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ 3回戦 アーセナル VS ニューカッスルU】 ローテーションもレギュラー組投入で延長戦制する

 ■結果 アーセナル(H) 2-0 ニューカッスルU

 【FAカップ】 2021/1/9(土)
アーセナル(H) 2-0 ニューカッスルU


【得点】
109’ 1 - 0 スミス=ロウ
117’ 2 - 0 オーバメヤン

 

■7枚入れ替えつつ4-2-3-1は継続 

f:id:tsuda929:20210112123433p:plain



1/2のPL17節から7枚交代
OUT:ラカゼット、スミス=ロウ、サカ、ジャカ、セバージョス、ホールディング、ベジェリン
IN:ネルソン、ペペ、ウィリアン、ウィロック、エルネニー、Dルイス、セドリック

完全ローテーションではなく、4枚は継続だが、中盤はほぼ全とっかえ。
左WGは当初マルティネッリだったが、直前の練習で足首をやってネルソンに交代


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210112123516p:plain

 

■戦評:

 ■戦評:得点できずに延長線もスミスロウが躍動で勝利

得点できずに苦戦するも途中交代のスミス=ロウ、サカ、ラカゼットが流れを変えて、延長戦制して勝利。
スタッツ的には断然有利だが、2度ほど決定機を作られてレノにも助けられた。

M.O.Mは、ティアニー
120分間走り続け、終了間際にはオーバメヤンのゴールをアシスト。
もうどうにも止まらない状態になってきた。あとは怪我だけが心配である。Embed from Getty Images

《悪かった点》


《良かった点》

《悪かった点》

 調子を押している選手の復調?!
…この試合調子を落としているウィリアン、ペペ、ウィロックの復調が命題だったが、いずれもそこまでの内容ではなかった。ぺぺはまだ可能性を感じたものの、ウィリアンとウィロックは中間ポジションで存在感を示すことが出来ずにスミス=ロウとの差を痛感した。

マルティネッリの怪我
…スタメン予定だったマルティネッリの怪我。本人が泣いていたとの情報もあり大怪我の可能性がある。復帰直後でこれはキツイ。 

  

《良かった点》

スミス=ロウ、サカ、ラカゼットのコンビネーション
…連勝を牽引しているこの3人が流行り躍動。特にスミス=ロウの動きはトップ下としてはボールを長持ちすることがなく、ポジションを調整してははたいて動いてを繰り返すから相手に捕まらない。
ただ、この試合はレッドカード提示にはヒヤッとさせられた。VARがあってよかった。 Embed from Getty Images

オーバメヤンのゴール
…エースのゴール。しかもらしいゴール前への高速クロスに合わせてのゴール。これで復調の予感。 

 

パブロ・マリの安定感

…日に日に良くなってくるパブロ・マリ。同じ左利きのガブリエウが戻ってきたら交代かもしれないがそうしたくないと思わせるだけのプレーを見せてくれている。

 

これでPL3連勝と併せて4連勝。
ほんとにチェルシー戦の勝利で劇的に変わった。内容も結果も。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ