アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第18節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 ティアニー不在で存在価値を示す形になって攻撃が完結せずにスコアレスドロー

 ■結果 アーセナル(H) 0-0 クリスタル・パレス 

プレミアリーグ】 2021/1/14(木)
アーセナル(H) 0-0 クリスタル・パレス


【得点】

 

 

 

■ティアニー、マリ外れて4-2-3-1 

f:id:tsuda929:20210118101826p:plain

前節からは2枚交代
OUT:ティアニー、パブロ・マリ
IN:Nナイルズ、Dルイス

筋肉の張りで連勝を牽引していた2人が交代
さすがにFA杯の120分フル稼働がこたえたか?!
Nナイルズは久々のスタメン出場。

トーマスとガブリエウもベンチ入り。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210118101850p:plain

 

■戦評:ティアニー欠いて攻撃の最後の制度欠いてスコアレスドロー

PL4連勝をかけて挑んだがスコアレスドロー
ポゼッションできてはいるがアイデア不足で決定機を作れない展開。
ティアニー不在で左サイドからの精度も落ちて決定機を演出できなかった。

M.O.Mは、ジャカ
おそらく今シーズン1の出来で、中距離パスで攻撃を切り替えていたし、特に守備での貢献が大きかった。Embed from Getty Images

 

《悪かった点》

左SBネイトランド・ナイルズのでき
…残念ながらティアニーと比べるとだいぶ劣って見えてしまった。後半のシュートの場面はティアニーにはない持ち味が出たが、ボールロストも多くティアニーに遠く及ばなかった。

かみ合わないベジェリンとペペ
…やはりこの2人嚙み合っていない。オーバーラップのタイミングもインナーラップのタイミングも

 

《良かった点》

ジャカ&セバージョスDMFコンビ
…ジャカはMOMの活躍でセバージョスもかなり良かった。ディフェンスの寄せがあまいのもあるけど、ドリブルで中央を突進して相手の陣形を崩す役割をきっちりやっていた。

 

トーマス・マーティ復帰
…途中出場でトーマスが帰ってきて早速の怪物ぶりを示した。デュエルでほぼ勝って、ボールカットも見せた。次は90分かな。Embed from Getty Images

 

ホールディングの安定感
…この日はダビドルイスが相棒になったが相変わらずの安定感。ベンテケはさすがに抑えきれなかったもののそれでも決定的な仕事はさせなかった。※Dルイスのジョギング戻りはきになったが…

 


でも負けることなく勝ち点1確保。
ポゼッションしててもシュート数で負けるとかチャンスクリエイトができないなど課題はまだ山積みだけど、トーマスもガブリエウ帰ってきたし、昨年末のことを考えると全然前向きになれる。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ