アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第19節 アーセナル VS ニューカッスルU】 トーマス、ティアニー復帰でエースの2発で快勝

 ■結果 アーセナル(H) 3-0 ニューカッスルU

プレミアリーグ】 2021/1/18(月)
アーセナル(H) 3-0 ニューカッスルU


【得点】
50’ 1 - 0 オーバメヤン
60’ 2 - 0 サカ
77’ 3 - 0 オーバメヤン

 

 

■トーマス、ティアニー スタメン復帰4-2-3-1 

f:id:tsuda929:20210119191715p:plain

パレス戦から中3日、3枚交代
OUT:セバージョス、Nナイルズ、ベジェリン
IN:トーマス、ティアニー、セドリック

ガブリエウもスタメンかと思ったが、Dルイスが起用された。意外とコンディションが良くないのかな?!
右SBセドリックがPL初スタメン。

セバージョスのベンチ外は休息かな?!


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210119191737p:plain

 

■戦評:エースの2発&5戦連続クリーンシート

ほぼ完璧なゲームプランで3発快勝!
50分、前線へのクロスを拾って、トーマスが1枚剥がしてオーバメヤンに。それをそのままドリブルで攻め上がって左足一閃
更に60分、左サイドでオーバメヤンからスミス=ロウに渡して、巧みに立てに抜け出し、サカへマイナスの折り返しでしっかり決めて追加点
仕上げは77分、右サイドでサカとのパスで抜け出したセドリックがゴールラインギリギリで折り返してオーバメヤンがしっかり足を合わせてゴール
守備でもトーマス・ジャカも中盤で効果的で、5試合連続クリーンシート達成。見事。


M.O.Mは、オーバメヤン
ここにきての2得点はさすがエース。シュートはどちらも相変わらずうまいが、これまでは決定機が1回しかなくて決められなかったが、この試合はシュート5本でその内2本を決めたということ。

Embed from Getty Images

 

《悪かった点》

存在感を示せなかったウィリアン
…79分にオーバメヤンに変わって投入されたウィリアンだったが、いい流れの中でもインパクトを残すことは出来なかった。いいチームの流れでも乗れず、復調への道は遠い。

 

《良かった点》

 ジャカ&トーマスDMFコンビ
…まさに完璧だった。パス成功率はトーマス95%、ジャカ93%。前線へのキーパス含む数字だけに取れでけ際立ったいたか分かる。
 そしてトーマスの存在感。ボールリカバリー9回、インターセプト3回、チャンスクリエイト2回、アシスト1、そしてファウル0。文句のつけようがない。90min出場だったらMOMだったかな。ディフェンスだけじゃなく、攻撃でも1枚剥がして前に運ぶ動きがうまいので、攻撃が加速する。間違いなくワールドクラスだ。

Embed from Getty Images

 

右SBセドリック・ソアレス
…今シーズンPL初スタメンとなったセドリック。1アシストを含めて存在感を示した。ベジェリンと比べるとスピードの部分で劣るかもしれないが、パスの精度や動きの精度はセドリックの方が良いのではないかと思った。右SBはうまく使い分けて起用するのがいいだろう。

Embed from Getty Images

 

スミス=ロウ&サカのヤングガナーズ
…やはりこの2人の連携は見事。長年培ってきたコンビネーションでこの日も躍動した。若干疲れが見え始めてきているのが気になるところではあるが、もはや外せない2人となってしまった。そのためにもペペにはもっと動きの質を上げてもらってサカの負担を減らしてもらいたい。

 


これでPL直近5試合で4勝1分。11得点1失点。まさに生まれ変わった。
順位もようやく10位まで上昇!試合数にばらつきがあって消化が早いので暫定ではあるが年末の状態からここまで来た!上位陣も取りこぼしているのでまだまだこれからだ!

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ