アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【ヨーロッパリーグ決勝T1回戦 アーセナル VS ベンフィカ】 中立国での開催も決めきれずにドロー

 ■結果

 ■結果 アーセナル(A) 1-1 ベンフィカ

【EL】 2021/2/18(木)
アーセナル(A) 1-1 ベンフィカ

【得点】
55’ 0 - 1 ルイス・フェルナンデス
57’ 1 - 1 サカ

 

 

■リーズ戦と同じ11人 4-2-3-1

f:id:tsuda929:20210221174213p:plain



PL24節リーズ戦とまったく同じメンバー
好調だったぺぺ、ラカゼット、ホールディングを外していただけに予想外のチョイスだった。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210221174233p:plain

 

■戦評:ボール支配するも好機作り切れずドロー

正直勝ちたい試合だったし、勝てる試合だった。
いくつかの決定機をオーバメヤンが決めきれずに、結局1点が遠くドロー。
終盤はどちらかというとどちらもリスクを冒さず決定機を作れないまま試合終了した感じ。
フルメンバーで行っただけに結果が欲しかった。

M.O.Mは、セバージョス
18分のベジェリンへのパスなど縦へのいいパスを何度かだし、中盤で存在感を示し、前線からのプレスもいいボールの置き所で何度もはがした。終盤はやや息切れしたが…。

《悪かった点》

シュートまで持ち込めない
…ポゼッション59%でボールが回っているにもかかわらずシュート7本。もっとシュートまで持ち込める形を増やさないとゴールをこじ開けられない。

 

細かいミスが多かったジャカ
…ここのところ好調だったジャカだがこの試合は何度パスミスがあり、連携が合わない場面が散見された。

《良かった点》

 オーデゴールの存在感
…トップ下のポジションで存在感を示した。決して持ちすぎることはなく、スミス=ロウとの連携で前への推進力を出した。サカのゴールの一本前のパスは見事だった。

 

攻撃のスイッチが入らない選手交代
…ティアニー、マルティネッリ、ペペと投入されるも攻撃の質は変わらず、うまくエリアを使うことはできなかった。左WGでペペは好調だったが、その時はティアニーがいなかった時。今後の連携、ポジショニングは課題になるだろう。

 ともかくこれで2ndレグも本気でフルメンバーで行くしかなくなった。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ