アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【ヨーロッパリーグ 決勝T2回戦2nd アーセナル VS オリンピアコス】 エースが決めきれず敗戦も勝ち抜け

 ■結果 アーセナル(H) 0-1 オリンピアコス 


【EL】 2021/3/11(木)
アーセナル(H) 0-1 オリンピアコス


【得点】
51’ 0 - 1 エルアラビ

 

 

■5枚入れ替えて4-2-3-1

f:id:tsuda929:20210321181453p:plain

3.14ノースロンドンダービーから5枚交代
OUT:ラカゼット、サカ、オーデゴール、ソアレス、トーマス
IN:オーバメヤン、ぺぺ、セバージョス、エルネニー、ベジェリン


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210321181435p:plain

 

■戦評:決定機を決めきれずにカウンターで失点も勝ち抜け


アウェイで3点取っていることもあって、3失点しなければいい試合。静かな試合となった。
何度かチャンス作るもののどうやってもゴールを奪えずに、カウンターから失点。
それでも問題なく勝ち抜けたからよかった。

M.O.Mは、ペペ
唯一得点の予感がした選手。1本はスミス=ロウに止められた。

《悪かった点》

 

謹慎明けのオーバメヤン
…この日は2度決定機を迎えたが、いずれも枠に飛ばせずオーバメヤンの日ではなかった。

トップ下セバージョス
…何本かいいパスをいれたもののロストもありよかったとは言えない

インパクトを残せない選手たち
…ベジェリン、エルネニー、ぺぺと控え組が結果を残せなかった。PLではソアレスが1stチョイスか?! 

《良かった点》

 オーデゴールの存在感
…途中交代で入ったオーデゴール。冬に加入したとは思えない存在感でチャンスを演出した。ただし決定的なシュートは完全にふかした。

 


とにかく勝ち抜け。ここは結果が大事なので良しとしよう。
準々決勝はスラヴィア・プラハチェコ)に決定。

 

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ