アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第31節 アーセナル VS シェフィールドU】 ラカ、マリティネッリ弾&14試合ぶりのクリーンシートで快勝

 ■結果 アーセナル(A) 3-0 シェフィールドU


プレミアリーグ】 2021/4/10(土)
アーセナル(A) 3-0 シェフィールドU


【得点】
33’ 1 - 0 ラカゼット
71’ 2 - 0 マルティネッリ
85’ 3 - 0 ラカゼット

 

 

■ジャカLSB、サカトップ下で4-2-3-1

f:id:tsuda929:20210413191025p:plain



4.8ELスラヴィア・プラハ戦から5枚交代
OUT:ベジェリン、マガリャンイス、セドリック、スミスロウ、ウィリアン
IN:チェンバース、パブロ・マリ、セバージョス、ぺぺ、マルティネッリ

Dルイス、ティアニー、オーデゴール、スミスロウは怪我のため欠場、オーバメヤンはインフルエンザ(風邪)で欠場
この主力の離脱で、やむを得ず感はあるが、特筆すべきはLSBのジャカとトップ下のサカ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210413191054p:plain

 

■戦評:ラカゼット躍動で快勝


快勝である!ELでのドローを払拭するためにもしっかり勝ちたい試合で、結果を出した。
1点目見事な連携からのゴールで、トーマス→ラカゼット→セバージョス→ラカゼットで先制。
2点目はペペのシュートのこぼれをマルティネッリがしっかりつめたもの。
3点目はトーマスが中盤で前を向いた瞬間にする同スルーパスをラカゼットに通して決めたもの。
3点がそれぞれ違う形で取れたこともよかった。


M.O.Mは、ラカゼット
文句なしのM.O.M 2ゴールもそうだけど、ビルドアップにもしっかり絡んでほんとに貢献度が高かった。

Embed from Getty Images

《悪かった点》

 サカの負傷交代
…サカをスタメンで使いべきかどうかという議論も出ていたが、勝つためには起用せざるを得ないし、起用した以上起こりうることだった。交代後にアイシングをしていたものの、終了後に普通に歩いていただので軽症であることを祈る。

 

《良かった点》

 ジャカのLSB起用
…これは驚いた。昨シーズン3CBの左での起用はあったが、今回はSB。ただプレーの内容的には3CBの左的なもので、サイドを駆け上がるタスクは課されていなかったようだ。その左サイドのタスクを課されていたのがセバージョスで、見事に機能していた。ジャカは役割が左後方からのビルドアップに集約されていたので、精度高く役割を全うしていた。
 ※ただし、機能したのもシェフィールドUの寄せの甘さとスピードが武器のWGがいなかったためであるため、どの相手にも通用するものではないだろうが、いいオプションにもなってくるかも。

 

サカのトップ下とペペとの連携
…これも驚いた。が、やはりボールの受け方がいいので、うまくさばいていたし、普段別サイドに居ることが多いペペとの右サイドでの連携も良かった。

 

マルティネッリの躍動
…もう待ちに待ったスタメン起用でその起用にゴールという結果で応える19歳。素晴らしい。連携が完璧とは思わなかったが、マルティネッリのゴールへの渇望は間違いなく他の選手に波及している。一度倒れたときは怪我かと思って肝を冷やしたが、何でもなさそうで良かった。今後も起用がふえて行くこと間違いなし。

 


リヴァプール戦でここをが折れたと思ったのにこの試合で、またなんとか希望が見えてきた。
EL戦はまた違った戦い方になるだろうが、この試合の勢いをそのまま持ち込んでほしい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ