アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第19節 アーセナル VS ノリッジ・シティ】 ノリッジを圧倒し5発快勝でPL4連勝

 ■結果 アーセナル(A)   5-0   ノリッジ・シティ

プレミアリーグ】2021/12/26(日)
アーセナル(A)   5-0   ノリッジ・シティ


【得点】
6’  1 - 0 サカ
44’  2 - 0 ティアニー
67’  3 - 0 サカ
84’  4 - 0 ラカゼット(PK)
90+1’  5 - 0 スミス=ロウ

 

 

■4-4-2 というか4-2-3-1に戻った?!もしくは4-3-3?!

f:id:tsuda929:20211229232318p:plain

PL18節から1枚交代
OUT:冨安
IN:ホールディング

新たに冨安、Nナイルズ、セドリックがコロナ陽性で離脱。
チェンバースもその前に感染してたため右SB全滅でベンジャミン・ホワイトが右SBに入った。
Nナイルズはチャンスが貰えそうなタイミングでの離脱でツキもない。

 


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20211229232342p:plain



 

■戦評:ガナーズ躍動で5発快勝

完勝!
開始6分でサカがあっさりゴールを奪うと、44分にティアニーのシュートで追加点。
後半に入ってもゲームを支配し、67分にサカが同じようにシチュエーションから2点目を奪取すると、
84分にはPKをラカゼットが決めて、久々のゴール。
そして終了間際には、またもや途中出場のスミス=ロウ決めて5点目。
守ってもほとんど危ないシーンは作らせず完勝である。

 

M.O.Mは、サカ
2ゴールとも完璧なゴール。逆サイドからボールを受けてからの左足で見事に決めてみせた。決定力不足という批判を払拭する2ゴールで文句なしのMOM

Embed from Getty Images

 

《悪かった点》

交代のタイミングが遅い
…交代策が遅い傾向のあるアルテタだが、この日も67分には3-0になっていたにもかかわらず最初の交代は75分トーマス→エルネニー。ぺぺ、スミス=ロウは10分程度の時間しかあたえられなかった。この過密日程の中、控えメンバーにも機会を与えてほしい。

 

《良かった点》

プレス回避の道筋が完璧
…この日はプレスを掛けてきたノリッジに対して、上手く三角形やひし形を作ってワンタッチでプレスを回避し、攻撃に移行できていた。この中心はトーマスで、ジャカが横ではなく前に入ることでスムーズに流れていた印象。そしてそれをコントロールしていたのはウーデゴールだった。
 そして何より精神的に保守的にならずに、奪われた瞬間からプレスに行けていることが大きい。この回収から更に攻撃に行けているので支配している時間が長くできている。

 

右SBベンジャミン・ホワイトというオプション
…コロナトラブルで右SB離脱によりホワイトが右サイドバックに入ったが、危なげなくしっかり機能していた。CBに入ったホールディングも安定したプレーを見せていたし、冨安不在時のオプションが増えた。

 


そして、中1日で予定されていたウルブス戦がウルブスのコロナ拡大により延期が決定。
このスケジュールを回避できたのはラッキーだったかもしれない。
ということで、唐突に年内最終戦を迎えた。そして年内4位で折返しが決定。
開幕3連敗でスタートしたことを忘れそうになるほど、いいチーム状態で2021年を終えられた。
2022年はマンC戦からという試練があるが、ある種の期待もある。
今の躍動感のあるプレーを、逃げずにやれればさらなる高みへの挑戦権を得られるだろう。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ