アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第31節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 パレスのプレスに嵌められ3失点で惨敗。5位後退。

 ■結果 アーセナル(A)   0-3   クリスタル・パレス

プレミアリーグ】2022/04/04(月)
アーセナル(A)   0-3   クリスタル・パレス


【得点】
16’  0 - 1 マテタ
24’  0 - 2 アイェウ
74’  0 - 3 ザハ

 

■4-2-3-1 ラムズデール復帰とティアニーの離脱

f:id:tsuda929:20220406221517p:plain

 

前節から2枚交代
OUT:レノ、ティアニー
IN:ラムズデール、タバレス

ラムズデールは予想より早く復帰するもティアニーが怪我で離脱。

 

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20220406221541p:plain

 

■戦評:プレスに苦しみ3失点で惨敗

惨敗。久々に空回りの試合で、前半のうちに何もできないうちに2失点。
挽回を期した後半もボールは保持できるが効果的な攻撃ができずに時間だけが過ぎ、カウンターからザハに1対3で枚数いたのに決められ万事休す。
最後までボールは保持し、攻め続けたが牙城を崩せず敗戦。
トッテナムに4位の座を明け渡す結果となった。


M.O.Mは、スミス=ロウ
というより悪い人が多すぎて消去法で選出。開始早々のパスを収められていれば…

《悪かった点》

タバレスとスミス=ロウのコンビネーション
…ひとことでいうとタイミングが合っていなかった。スミス=ロウはどちらかというとライン間でボールをもらいたいので、幅をとる選手が欲しかったが、タバレスが上がるタイミングがあわずにほぼ連携ができなかった。

 

パレスのプレス回避の糸口がなく
…パレスがプレスをかけてくることはわかっていたのに結局回避できず、結果としてロングボールを収めてくれるマルティネッリが代表帰りでベンチスタートだったことが響いた。またいつもはウーデゴールが絡んだワンタッチパスで回避できるとこもパスがづれて、代表選後のコンディションの難しさを感じた。

《良かった点》

後半からの修正
…後半からタバレスに変えてマルティネッリを起用し、ジャカを左SBに移行。これにより役割が明確になりやり方が整理された。とはいえ、最後のところではうまくいかず得点は奪えなかった。

 

これでトッテナムに4位の座を明け渡してしまった。
まだ1試合少ないとはいえ、直接対決も残っているし、余裕がなくなったのは事実。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ