アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第36節 アーセナル VS リーズ・ユナイテッド】 エンケティアの2点で4連勝で4位死守

 ■結果 アーセナル(H)   2-1   リーズ・ユナイテッド

プレミアリーグ】2022/05/08(日)
アーセナル(H)   2-1   リーズ・ユナイテッド


【得点】
5’  1 - 0 エンケティア
10’  2 - 0 エンケティア
66’  2 - 1 ジョレンテ

 

■4-2-3-1 冨安左SB起用

前節から1枚交代
OUT:タバレス
IN:セドリック

守備が不安定なタバレスに変えてセドリックが入って右SBにはいり、冨安がはじめて左SBで起用された

 

【スタッツ】

 

■戦評:10分で2点&相手退場で楽勝ムードも失点からヒヤヒヤ展開

10分で2点取って、その後退場者出して、余裕のある展開だったが、引かれた相手に追加点が奪えずに、逆に66分にCKからファーストシュートでゴールを決められ、相手に可能性を残してしまい最後はヒヤヒヤさせられた。
それでもしっかり勝って勝ち点3を積み上げた。

 

M.O.Mは、エンケティア
先制点は鬼プレスからの得点で、オーバメヤンをほうふつとさせた。チェルシー戦以降完全にフィットしている。

Embed from Getty Images

 

《悪かった点》

奪えない3点目と油断からの失点
…退場者出すと点が取れなくなることはよくあることだが、チャンスを作っていただけに決めきって試合を決めてしまいたかった。そこから失点。この試合は2点入っていたからよかったが、同点時点で退場者だったら負けかねない展開だった。

《良かった点》

冨安の左SB起用でらしさ発揮
…リーズのストロングポイント左WGのハフィーニャ対策もあって左サイドで起用されたが見事にその役割を果たした。何度かエンケティアがいい斜めの動きをしていたが、パスを出すことはあまりできなかったので、ここに出せれば満点だっただろう。

 


トッテナムリヴァプールに引き分けたことで勝ち点差を引き離すチャンスだっただけにどうしても勝たなければならない試合できっちり勝てたことは価値がある。そして気が付けば取りこぼしまくっていた3位チェルシーとの差が勝ち点1に。3位の可能性まで見えてきた。
とはいえ、5位の可能性もあるだけに、次節トッテナムとのノースロンドンダービーで勝って、4位以内を決めてしまいたい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ