アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第20節 アーセナル VS トッテナム】 ノースロンドンダービーは2発快勝でシーズンダブルで撃破っ! (プレミアリーグ)

 ■結果 アーセナル(A)   2-0   トッテナム

プレミアリーグ】2023/01/15(日)
アーセナル(A)   2-0   トッテナム


【得点】
14’  1 - 0 O.G.
36’  2 - 0 ウーデゴール

 

 

■4-2-3-1

1/3のニューカッスル戦と同じスタメン

【スタッツ】

 

■戦評:LONDON IS RED!

LONDON IS RED!!
アウェイでのNLDは快勝で、シーズンダブル達成っ!
首位で迎えるNLDとはいえ、アウェイではここのところ勝っていないのでチームの状況関係ない結果が出ることも多いので油断できない戦い。
そして、首位で迎えた戦いでシーズンダブルを達成して、序列を明確にするためにも負けられない戦いだった。
そんな試合でもサカが違いを生み出し、14分にロリスのO.G.を誘発して先制する。
36分には、トーマスのパスからサカ→ウーデゴールと繋いで至極のミドル弾!!
2点先制したことで後半はリスク回避の戦い高でやや低めに構えた分、責められはしたがゴールは許さずそのまま2-0快勝となった。

 

Embed from Getty Images

 

M.O.Mは、ラムズデール
決定機は何度か作られたがしっかりセービング。ToTにすきを与えなかった。後半早々のケインのヘディングを止めたところ、セセニョンのシュートセーブはしびれた。

Embed from Getty Images

 

《悪かった点》

マルティネッリのゴールへの嗅覚
…強いていうならマルティネッリのゴールへの絡みが少なかった。ボールを受けたタイミングで仕掛けきれずに戻す場面が散見された。トップコンディションのときはもっと素早く仕掛けられていた印象だったが…。

 

《良かった点》

我らがキャプテン ウーデゴール
…もはや次の次元に突入した感のあるウーデゴール。1本目のミドルはセーブされたものの2本目で突き刺したミドル。あの位置で振り切っるようになってきたら、シュートブロックに以下ざるを得ないし、今後シュートケアされたらパスが出せるので無双状態になりそう。

 

我らの心臓トーマス・パーティ
…わかりが効かないトーマス。この試合もサカへの裏へのパス、ウーデゴールのミドルにつながったサカへのパスなど攻撃の起点として存在感抜群。1本ポストに弾かれたものの入れば超ゴラッソものだったミドルも放った。中央の位置で前を向けるトーマスがいくる問ナイトでは大違い。ここまで怪我なく来ていることがそれだけ素晴らしい。

Embed from Getty Images

 

ほんとに最高の気分。
NLD、アウェイでの勝利はなんと2014年ぶりだとか。そんなに?!
しかし、内容的に言ってもToTがアーセナルの下にいるの当たり前だった以前に戻る兆候だろう。

 

最後に、ラムズデールがリシャリルソンと揉めて、ファンから蹴りを入れられていたが、大事にならず済んでよかった。
それをとめるアルテタ。さらに行こうとするジャカも止めるアルテタ。最高の指揮官だな。

にしてもABEMAの中継は、試合後の時間が長くて、セレブレーションまで見れるので最高っ!

Embed from Getty Images

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ