読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第1節 アーセナルVSクリスタル・パレス】2014-15シーズン開幕戦

プレミアリーグ第1節】2014.8.17
アーセナル 2 - 1 クリスタル・パレスエミレーツ・スタジアム

【得点】
35' 0-1 ブレデ ハンゲランド
45' 1-1 ローラン コシェールニー
90' 2-1 アーロン ラムジー


【スタッツ】
ポゼッション 67%-33%
枠内シュート 6-2
枠外シュート 8-2

 

2014-15シーズンの我がアーセナルの開幕戦。
内容はともかく勝ち点3を獲得。

ドイツ勢(エジルメルテザッカー・ボドルスキー)3名は
W杯後の休養もありメンバー外の中、新戦力のA.サンチェス、
チェインバース、ドゥビッシーがスタメンに名を連ね、
アンカーにアルテタ、1トップにサノゴを置き、
4-1-4-1という新たな布陣で開幕戦を迎えた。


f:id:tsuda929:20140821192927j:plain

この新布陣だが、左サイドのカソルラウィルシャーが2人して
中に中に入ってくるのでなかなか左サイドが使えず、
ほとんどの攻撃が右サイドに偏る。

が、その右サイドも新戦力A.サンチェスが存在感を見せるも、
まだまだ連携が良いわけでもなくボールロストも多々あり、
サノゴに至っては潜在能力が潜在したまま状態。
ボゼッションするもアイデア、変化がなく消化不良状態。
そして相変わらずのシュチェスニーの不用意な守備からのコーナーで失点。

前半ロスタイム、後半ロスタイムで得点して勝ち点3をゲットしたものの
内容は非常によくない開幕戦となった。

ただし、開幕戦は結果が欲しいところなのでこの結果は◎
ラムジーは今シーズンも覚醒したままっぽいし、
チェインバースもCBで使えそう。
CBのバックアップがいないのが怪我などを考えると心もとないが
最低限の戦力は揃ったかな、という印象。
あとはこういう内容が悪くても勝ち点を拾えていけば勝機はある!

次に期待!!

 

広告を非表示にする