アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第5節 アーセナル VS ニューカッスル・ユナイテッド】 トレイラ効果とジャカのFKとエジルのゴールへのパスで3連勝

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 2-1 ニューカッスル・ユナイテッド

プレミアリーグ】 9/15(土)
アーセナル(A) 2-1 ニューカッスル・ユナイテッド


【得点】
49’ 1 - 0 ジャカ
58’ 2 - 0 エジル
91’ 2 - 1 クラーク

■前節からメンバー変更なし

f:id:tsuda929:20180919210320p:plain

続きを読む

【プレミアリーグ第4節 アーセナル VS カーディフ・シティ】 守備への課題は消えず。ラカゼット天井弾でなんとか勝利で五分に戻す

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 3‐2 カーディフ・シティ


プレミアリーグ】 9/2(日)
アーセナル(A) 3‐2 カーディフ・シティ

【得点】
12’ 0 - 1 ムスタフィ
45’ 1 - 1 カマラサ
62’ 1 - 2 オーバメヤン
70’ 2 - 2 ワード
81’ 2 - 3 ラカゼット

 

■ラカゼット初スタメン、エジル復帰

f:id:tsuda929:20180903094440p:plain



前節から2枚交代
OUT:イウォビ、ムヒタリアン
IN:ラカゼット、エジル

4節にしてラカゼット初スタメン
エジルも復帰。
スタメンが予想されたトレイラは今日もベンチから。
エメリ監督は意外とジャかとグエンドウジを起用し続ける


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180903094453p:plain


■戦評:オープンな戦いはオーバメヤン、ラカゼットのアベック弾でなんとか勝利


先制するも追いつかれ、
突き放すも追いつかれ、
それでもなんとか勝ち越しての勝利。
攻撃は活性化するものの守備に課題を残したまま。
相手のシュートの精度に助けられたかな。

M.O.Mはラカゼット Embed from Getty Images
ラカゼットは試合ごとに気負い過ぎが取れてきて、
周りとのコンビネーションも増してきた。

《悪かった点》
・GKからの繋ぎ。致命的なミスあり。
・FKでもファーサイドの対応
・クロス上げさせすぎ
・ジャカのパスミスからの失点
・組織的な守備、ボール奪取ができていない
オーバメヤンのタッチ数(45)の少なさ

《良かった点》
・ラカゼットとのコンビネーション
オーバメヤンとラカゼットの得点
・ベジェリンのアタッキングサードへの仕掛け
モンレアルの上がり
・途中出場のトレイラのポジショニング

ラムジーのタッチ数は増えてきているが、
オーバメヤンのタッチ数が少なすぎなの攻撃の課題

あとは、新加入のレノ、リヒトシュタイナー
そして短い時間ながら結果を出しているトレイラに
スタメンの機会がないのが気になるところではある。

ともかくこれで2勝2敗の五分には戻せた。
さぁここからだ。

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

【プレミアリーグ第3節 アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド】 先制されるもナチョ弾・ウェルベック弾で逆転で3節にして今シーズン初勝利

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-1 ウェストハム・ユナイテッド

プレミアリーグ】 8/25(土)
アーセナル(H) 3-1 ウェストハム・ユナイテッド

【得点】
25’ 1 - 0 アルナウトビッチ
30’ 1 - 1 モンレアル
70’ 1 - 2 O.G.
91’ 1 - 3 ウェルベック

 

 

エジル体調不良でラムジートップ下

f:id:tsuda929:20180828200647p:plain

続きを読む

【プレミアリーグ第2節 アーセナル VS チェルシー】 ビッグロンドンダービーは打ち合いの末、敗北で開幕2連敗

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 2-3 チェルシー

プレミアリーグ】 8/18(土)
アーセナル(A) 2-3 チェルシー


【得点】
  9’ 1 - 0 ペドロ
20’ 2 - 0 モラタ
37’ 2 - 1 ムヒタリアン
41’ 2 - 2 イウォビ
81’ 3 - 2 M.アロンソ

■イウォビ、モンレアル今シーズン初スタメン

f:id:tsuda929:20180821141327p:plain



開幕節から2枚交代
OUT:ラムジー、ナイルズ
IN:イウォビ、モンレアル

イウォビが左に入って、トップ下にエジル
GKはエメリ宣言通りチェフ継続
左SBにはモンレアルが復帰


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180821141342p:plain

 

 

■戦評:シュート総数39本の打ち合いの末、しのぎきれず敗戦


2点先制されるもよく追いついたが、
終盤にアザールに掻き回され耐えきれずに敗戦

Embed from Getty Images Embed from Getty Images

《悪かった点》

・高いディフェンスラインの裏をあっさり取られる
・GK、CBと足元が得意でないのにつなごうとしてロストする
・ジャカのポジショニングとCBへのサポート
・シュート打たせすぎ
・ムスタフィの1対1の弱さ
・ベジェリンの上がったあとのスペース対応
・後半の守備的になったときの攻撃のパターンの無さ
・ベジェリンとムヒタリアンモンレアルとイウォビの縦関係の連携の少なさ

《良かった点》

・前線の守備意識が前節よりあった
アタッキングサードへの飛び出しによる好機演出(前半)
・ベジェリンの斜めの動き

 


スタッツ見ても分かるように
シュート24本(枠内11本)打たせたら失点するよね。
そしてボールを支配されたときのジャカの動きやポジショニングは大いなる課題
(ジャカは中位以下でボール支配できるならいいが…)
ジャカのパス数も35本で成功率83%はボランチとしては厳しい数字だ。
GKから繋ぐならどうやってボランチへ繋ぐのか、どうかいくぐるのか、
最低限のパターンを作らないとピンチを招くだけだ。

ともかくこれで2連敗。
対戦相手の問題はあるにしても、再始動としては”最悪”のスタートとなった

 

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

【プレミアリーグ第1節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 2018-19シーズンはマンC相手に完敗でスタート

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 0-2 マンチェスター・シティ


プレミアリーグ】 8/12(日)
アーセナル(H) 0-2 マンチェスター・シティ

【得点】
14’ 0 - 1 スターリン
64’ 0 - 2 ベルナルド・シルバ

■新生アーセナル始動~4-2-3-1~

f:id:tsuda929:20180818150304p:plain



2018-19シーズンの新生エメリ率いるアーセナル始動
GKはレノではなく実績のチェフ
DF、コシェルニーが離脱中のCBはソクラテスパパスタソプロス)とムスタフィ
右はベジェリンで、左はコラシナツの怪我によりナイルズを起用
ボランチジャカとプレシーズンで結果を出したグエンドウジを抜擢
中盤は、左ムヒタリアン、右エジル
そしてトップ下にラムジーが起用された
FWは、オーバメヤン。ラカゼットはベンチからとなった

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180818150316p:plain

 


■戦評:新生アーセナルの初戦は中盤支配され完敗

Embed from Getty Images

初戦からマンC戦という嫌な開幕戦。新戦力2人がスタメンに名を連ねた。
4-3-3の布陣のマンCに中盤をいいように使われて
なかなか流れが作れない展開。
そしてキレキレのスターリングにベジェリン、グエンドウジが剥がされ失点。
その後は、ベジェリンが決定機を掴むも決めきれず、
後半、チェフがアグエロとの1対1を制すも、
メンディーにえぐられ、シルバに豪快に突き刺され万事休す。

悪かった点
ラムジーエジルムヒタリアンの守備意識が低く、中盤で数的優位を作られた
・その中盤で優位にするためにトップ下のラムジーが降りてこないといけないのに絡めない
・GKから両CBが開いて繋ごうとするも、中盤の枚数が足りなくて蹴り出すしかない
・チームとしてオーバメヤンへのルートが確立されていない
・GKから繋ごうとしているがチェフはそれほど足技はうまくない
・ジャカが相手に寄せられた時のパスの精度がガクンと落ちる

良かった点
・初スタメンのグエンドウジはミスもあったが豊富な運動量とパスカット力で存在感を示した
・ナイルズの怪我でリヒトシュタイナーが本来の右ではなく左SDに入ったが、
安定したプレーと連携で好機を演出していた
・新加入のソクラテスは非常に落ち着いてプレーできていた
・途中出場のトレイラは短い時間ながらディフェンス力で存在感を示した
・ラカゼットがはいって攻撃が活性化した

 


負け試合なので、悪かった点の方が多いが、
新戦力を中心に良い点もあり、
今後に期待ができる出来であった
ただしボランチは修正が必要
引いた相手ならこの2人でもいいが、マンC相手なら
トレイラとエルネニーかグエンドウジで行くか、
4-3-3で枚数でカバーするしかないだろう

 ともあれ新たに動き出したアーセナルに期待!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

【プレミアリーグ第1節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 2018-19シーズンはマンC相手に完敗でスタート

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 0-2 マンチェスター・シティ


プレミアリーグ】 8/12(日)
アーセナル(H) 0-2 マンチェスター・シティ

【得点】
14’ 0 - 1 スターリン
64’ 0 - 2 ベルナルド・シルバ

■新生アーセナル始動~4-2-3-1~

f:id:tsuda929:20180818150304p:plain



2018-19シーズンの新生アーセナル始動
GKはレノではなく実績のチェフ
DF、コシェルニーが離脱中のCBはソクラテスパパスタソプロス)とムスタフィ
右はベジェリンで、左はコラシナツの怪我によりナイルズを起用
ボランチはジャカとプレシーズンで結果を出したグエンドウジを抜擢
中盤は、左ムヒタリアン、右エジル
そしてトップ下にラムジーが起用された
FWは、オーバメヤン。ラカゼットはベンチからとなった

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180818150316p:plain

 


■戦評:新生アーセナルの初戦は中盤支配され完敗

初戦からマンC戦という嫌な開幕戦。新戦力2人がスタメンに名を連ねた。
4-3-3の布陣のマンCに中盤をいいように使われて
なかなか流れが作れない展開。
そしてキレキレのスターリングにベジェリン、グエンドウジが剥がされ失点。
その後は、ベジェリンが決定機を掴むも決めきれず、
後半、チェフがアグエロとの1対1を制すも、
メンディーにえぐられ、シルバに豪快に突き刺され万事休す。

《悪かった点》
ラムジーエジルムヒタリアンの守備意識が低く、中盤で数的優位を作られた
・その中盤で優位にするためにトップ下のラムジーが降りてこないといけないのに絡めない
・GKから両CBが開いて繋ごうとするも、中盤の枚数が足りなくて蹴り出すしかない
・チームとしてオーバメヤンへのルートが確立されていない
・GKから繋ごうとしているがチェフはそれほど足技はうまくない
・ジャカが相手に寄せられた時のパスの精度がガクンと落ちる

《良かった点》
・初スタメンのグエンドウジはミスもあったが豊富な運動量とパスカット力で存在感を示した
・ナイルズの怪我でリヒトシュタイナーが本来の右ではなく左SDに入ったが、
安定したプレーと連携で好機を演出していた
・新加入のソクラテスは非常に落ち着いてプレーできていた
・途中出場のトレイラは短い時間ながらディフェンス力で存在感を示した
・ラカゼットがはいって攻撃が活性化した

 


負け試合なので、悪かった点の方が多いが、
新戦力を中心に良い点もあり、
今後に期待ができる出来であった
ただしボランチは修正が必要
引いた相手ならこの2人でもいいが、マンC相手なら
トレイラとエルネニーかグエンドウジで行くか、
4-3-3で枚数でカバーするしかないだろう

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

【プレミアリーグ】2018-19シーズンフォーメーション予想

開幕直前。
新シーズンのフォーメーションを確認しておこう。


2018-19シーズンの基本フォーメーションは
4-2-3-14-3-3の併用と予想。

 

新加入は、
GKレノ、右SBリヒトシュタイナー、CBパパスタソプーロス
守備的MFトレイラ、グエンドゥジ
の5人。昨シーズン課題だった守備を的確に補強した形だ。

そしてなによりの新戦力はウナイ・エメリ監督!
フォーメーションや戦術もかえてくることも考えられる。

 

続きを読む