アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【リーグ杯リーグ3 アーセナル VS ドンカスター】 ネルソンの未来とウィルシャーの復活を予感する勝利

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 1-0 ドンカスター


【リーグ杯】 2017/9/20(水)
アーセナル(H) 1-0 ドンカスター


【得点】
25’ 1 - 0 ウォルコット

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170927211638p:plain

 

■帰ってきたウィルシャースタメン。モンレアル・ベジェリン初休息。

 

f:id:tsuda929:20170925195913p:plain


メンバーはほぼローテーション。
ELケルン戦からは、3枚交代。
OUT:イウォビ、ベジェリン、モンレアル
IN:ウィルシャー、ネルソン、チェンバース

今シーズン試合に出続けていたモンレアルとベジェリンがようやく休息
そして、ウィルシャーがスタメンに帰ってきた!


■戦評:1点しかとれずピンチ招いて辛勝?!


各メディアで辛勝(しんしょう)と書かれていたが、
前半は完全にゲームを試合しいつでも点が入りそうな展開。
Embed from Getty Images しかしウォルコットのゴールで1点取って安心したのかペースが落ちて、
後半に入って、何度かミスからピンチを招きあわやの場面もあったが、
それでも負けることはないだろうという展開での勝利。
辛勝ってほどではない戦いだった。

このゲームの主役は、なんといってもウィルシャーEmbed from Getty Images
90分間、ウィルシャーらしく、センスあるパスを出し、ときに激しく、
中盤をコントロールしていた。
長年の怪我と、昨年のローンとなかなかガラスのエースと言われる
ここ数年だったが、ようやっと帰ってきたのだ。
ここに「ウィルシャー」という希望が帰ってきた。

さらにレイス・ネルソン(Reiss Nelson)17歳。
読み方はレイスとかライスとかリースとかよくわからないが「ネルソン」だ。 Embed from Getty Images
この日右WBでスタメンに入ると、攻撃的に遜色ないプレーを披露。
将来への可能性を見せてくれた。

ということで、辛勝かどうかは置いておいて、
将来への希望を感じる試合となった。つーか、ちゃんと勝ってるからね!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ