アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CLGroup第2節 アーセナル VS バーゼル】 前半で決めたウォルコット弾2発で快勝

■結果・スタッツ

【CL】2016/9/28(水)
アーセナル(H) 2-0 バーゼル


【得点】
7’ 1 - 0 ウォルコット
26’ 2 - 0 ウォルコット

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160930003633p:plain

 ■ジャカ、カソルラボランチコンビ結成

f:id:tsuda929:20160930003742j:plain


怪我のコクランに変わってジャカ
カソルラとのコンビとしてコクランが選ばれていたがついにジャカとカソルラコンビを起用。
そしてジャカ兄弟対決が実現。


GKはチェフではなくてCL2戦目もオスピナ。 まぁチームのルールだね。


(交替)
・ イウォビ → エルネニー(70分)
ウォルコットチェンバレン(70分)
モンレアル → ギブス(75分)

■戦評:ハイプレスから5バック崩してあっという間に2得点で快勝。

ジャカの兄弟対決。エルネニーの古巣対決などで話題だったこの試合。
昨年の苦戦が嘘のように快勝!
9.24のチェルシー戦に続いて前半で試合をほぼ決めた。
7分のウォルコットの先制弾は、5バックで挑んできたバーゼル
裏をあっさりとると、サンチェスのウォルコットへの優しいクロスからのもの

2点目は、サンチェスとのワンツーであっさり抜け出し、
好調ウォルコットの精度の高いシュート。文句なし。



そのあとも決定機はたくさんあったけど、
今日はサンチェスの日ではなかったみたで、ことごとく外す。


それにエジルまでお付き合いして、追加点こそ上げられなかったが、
危ないシーンはほとんどないまま、2-0の快勝。

終盤には、モンレアル→ギブスという、
これまでになかなか見ない交代策まで。
いつもどおりなら、エジルあたりを変えて、左MFでギブスで
サイドバックを縦に並べる意味不明な戦法なんだが、
余裕があったのか、この日はサイドバック通しの交代。

そして、今シーズン早くも7試合目のサンチェスの1TOP(FW)起用でゼロトップ状態。
序盤こそなかなか形にならなかったが、今や違和感なく武器となっている。

CL首位通過に向けて勝ち続けるのみ!!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする