アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第4節 アーセナル VS AFCボーンマウス】 嫌な流れを吹き飛ばす。ウェルベック、ラカゼット弾で連敗脱出

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-0 AFCボーンマウス


プレミアリーグ】 2017/9/9(土)
アーセナル(H) 3-0 AFCボーンマウス


【得点】
  6’ 1 - 0 ウェルベック
27’ 2 - 0 ラカゼット
50’ 3 - 0 ウェルベック

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170911194300p:plain

 

チェンバレンいなくなってあるべきポジションに収まった?!

f:id:tsuda929:20170911194246p:plain


前節から移籍したチェンボ含む3枚交代。
OUT:サンチェス、チェンバレン、ホールディング
IN:ラカゼット、コラシナツ、ムスタフィ

チェンバレンが抜けて、左WBに回っていたベジェリンが右WBへ
左WBにはコラシナツが入った。
チェンバレンが抜けて収まりが逆に良くなった感
CBはムスタフィを真ん中にコシェルニーが右CBへ
大敗を受けて大きくメンバーを変えるかと思いきやそこまでの変更なし。

■戦評:惨敗を払拭する解消。

前節の惨敗を払拭するためにも、内容を伴って勝つことが必要だった一戦。
開始5分でウェルベックが決めてくれて、一安心。
それも左サイドをラムジーとコラシナツで崩して、縦に突破してクロス。
それをウェルベックが頭というか肩?!で決めたゴール。 Embed from Getty Images
コラシナツの縦への推進力という新しい可能性を感じる素晴らしいゴールだった。Embed from Getty Images

27分にはゴールキックから、エジル→ラカゼットと早い展開で、
中央、PA外からラカゼットが鮮やかに決めて追加点
このゴールもこれまでにないPA外からのシュートで可能性を感じた。 Embed from Getty Images
ここまでくると、あの不安しかない2週間がウソのように安心してみることが出来て、
ウェルベックが2発目を見事に決めた!今シーズン3点目Embed from Getty Images
ラカゼットかジルーかと言われていたシーズン前、
結果を出したのはウェルベックだった!

ただ、ボーンマスの前線からのプレスはちょっと厄介で、
3バック真ん中にボールが入ると、左右のCBへ詰めはじめて
何度もバックパスを強いられてしまっていた。
慣れてくると細かいパスで回避したり、縦に入れれたりしていたが、
もう少し早い段階で、いなすことができないと上位対決だと厳しくなるだろう。

そして、ムスタフィ中央での起用はうまく言ったといっていいだろう。
第2節で右サイドを上がりすぎてバランスを崩していたので、
中央のほうが、上がりすぎずに安定したプレーをしていただと思う。

心配なのは、ジャカ。
この日もパスミスを連発。どうしたジャカ。
パスは73本だが、成功率は72.6%とチーム平均を大きく下回った。
ボーンマスの前線からのプレスが多いことが影響はしているが、
ボランチの配給役としてこの数字はいただけない。

ハムストリングをやちまったコクラン。
これでウィルシャーの出番か?!Embed from Getty Images

そして、サンチェス。
移籍騒動からモチベーションが危惧される中の途中出場。
どうしてもプレーが軽く見えてしまうが、
それでも彼がボールを持つと何かを期待してしまう。
いろいろあったが少なくとも今はアーセナルの一員で、プロである。
なら結果を出せ!違いを見せつけろ!無気力プレーをしたらブーイングするぞ!
必ず必要になる選手なので、早いうちにフィットして欲しい。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ