アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第25節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 マンCに縦横無尽に暴れられて、何でもできずに完敗

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-3 マンチェスター・シティ

プレミアリーグ】 2019/2/3(日)
アーセナル(A) 1-3 マンチェスター・シティ

【得点】
1’ 0 - 1 アグエロ
11’ 1 - 1 コシェルニー
44’ 1 - 2 アグエロ
61’ 1 - 3 アグエロ

 

■まさかの4-4-2

f:id:tsuda929:20190204195046p:plain


1/29のカーディフ戦から2枚交代
OUT:エジル、エルネニー
IN:コシェルニー、イウォビ

コラシナツを1列上げて4バックを採用。
慣れた4-2-3-1でもなく、何度か使っている4-3-3でもなく、4-4-2


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190204195107p:plain

 

■戦評:何もさせてもらえず完敗


完敗。まさに「何もさせてもらえなかった」
シュートは前半4本・後半0本。
後半は何もできずただただゴールを脅かされて、攻めるとができずに、時間だけ流れていった。 CBに入ったフェルナンジーニョが、攻撃のときは3バックにして前に上がってボールを回す。 この策に守備が後手を取り、ミスマッチをお越し、ゴール前を固めるしかできなくなった。 結果、攻め手を失い、なにもできなくなった。 交代カードもなにも生み出せず”完敗” 力の差を見せつけられた。

M.O.Mは、レノ
3失点でGKを選ぶのは気が引けるが、レノがいなければもっと失点していた。


《悪かった点》
<すべて…>
開始1分の失点も、相手の策への対応も、モチベーションも、創造性も、何もかもが悪かった。 ほんとなぜ途中でフォーメーションを、3-4-3に変えなかったのか理解できないぐらいにミスマッチをだったのに、対応できなかった。

《良かった点》
なし・・・


もう何も言えない。完敗だ。これではPL優勝なんて夢物語だ。
1点返したのはよかったが、結局セットプレーからしか得点の気配すらなかった。
こういう試合でこそ、熱き思いをぶつけてほしかったし、
エジルの創造性を見てみたかった…。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ