アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第14節 アーセナル VS ノーウィッチ・シティ】 ユングベリ初陣は引き分けで8戦勝ちなし

 ■結果 アーセナル(A) 2-2 ノーウィッチ・シティ

 【プレミアリーグ】 2019/11/30(土)
アーセナル(A) 2-2 ノーウィッチ・シティ


【得点】
21’ 0 - 1 プッキ
29’ 1 - 1 オーバメヤン
45’ 1 - 2 キャントウェル
57’ 2 - 2 オーバメヤン

 

 

■まさかのムスタフィ・ジャカスタメンで4-2-3-1

f:id:tsuda929:20191202193934p:plain

 

PL13節から4枚交代
OUT:トレイラ、ベジェリン、ソクラテス、ティアニー
IN:ウィロック、コラシナツ、ムスタフィ、ジャカ

ELから中2日、解任から中1日、ユングベリ監督初陣という状況下で、とても以外なスタメン。
DF陣は怪我でベジェリンとホールディングが不在で、ソクラテスが不調のため、ムスタフィが今シーズPL初スタメンとなった。
そしてジャカもしれっと復帰。エジルはトップ下ではなく、左WGのポジション。
トレイラはベンチスタートなった。
(最初4-3-1-2かと思ったが、普通に4-2-3-1だった)


【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20191202193950p:plain

■戦評:悪くない中失点して、なんとか追いつくも最後バタバタドロー

 

前半は悪くなかった。決定機も作っていていつ入ってもおかしくない雰囲気があった。
それでも相手の1stチャンスであっさり失点。PK奪取も、失敗かと思いきやVARに助けられる。
前半終了間際に最後のチャンスをものにされ失点。少ないチャンスをものにするノリッジのプラン取りだろう。
後半、最初も悪くなくて同点に追いついたが、ここからボールをつなげなくなり、攻撃を組み立てられない、ずるずるさがる守備といつもの展開に。
ここからはレノがいなければ負けていただろうという展開でなんとか同点で試合終了。
これで公式戦、8戦勝ちなしの2敗6分(カップ戦の引き分けPK負け)

M.O.Mは、レノ
決定を何度求めてくれた。レノがいなければ…

 

《悪かった点》

ユングベリが選んだスタメン>

 正直がっかりした。就任から中1日という中で何も変えれないのは分かるからスタメンだけはいじってくると思ったけど、予想と違った。
DMFに選んだのは、ジャカとグエンドウジでエメリの1stチョイスと同じ。
エジルトップ下、トレイラDMF というのが見たかった

 

 

《良かった点》

<縦へのくさびのパス>

 この試合で前半良かったのが、この縦へのパスが何本も入っていたこと。
ラカゼットがいたこともあるだろうが、ウィロックへのパスを含めて、中央のエリアへ縦パスが入る。エメリになってめっきり減った感のあった中央からの攻撃が頻繁に行われ、再度も活かされていたと思う。


解任という劇薬も効果を生むことは出来なかった。
とはいえ、さすがにこの過密日程でユングベリ暫定監督を評価するには時間なさすぎなので、もう少し時間を与えるべきだろう。
つーか、やっぱり解任のタイミング悪すぎるよね。

  

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ