アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第6節 アーセナル VS トッテナム】 怪我続出で攻めきれず勝ちきれずだったが、4-2-3-1の可能性。

プレミアリーグ】2014.9.28
アーセナル(H) 1 - 1 トッテナムエミレーツ・スタジアム

【得点】
56' 0-1 ナセル シャドリ
74' 1-1 チェンバレン

【スタッツ】
ポゼッション 69%-31%
枠内シュート 6-4
枠外シュート 10-2

前節からカソルラに代わってウィルシャーが入った布陣。
サンチェスとウィルシャーが9.24カーリングカップに出場していたため
サンチェス同様ウィルシャーもベンチかと思いきやスタメン。
そして注目の布陣は、どうやら4-2-3-1っぽい感じ。
かなり流動的なので限りではないが、前節機能したエジルを中央で配置。

f:id:tsuda929:20140929123821p:plain

試合はというと、ボールをボゼッションするアーセナルと引いてカウンターを狙うトッテナムの構図。
なかなか決定機を作れない中、いやな流れが。。。
27分にアルテタが、45分にはラムジーが、、、と立て続けに怪我で交代。
いずれも太もも、ハムストリングなので嫌な位置の怪我。次節は無理だな。
2日のCLガラタサライ戦と5日のチェルシー戦は厳しいか?!

後半も圧倒的にゲームを試合するが、自陣でフラミニがボールロストし、先制を許す。
こういった一方的なゲームでのミスは失点につながるだよね。痛すぎる。

しかしそれでも74分にカソルラのグラウンダーのクロスにウェルベックが合わせ損ねるも
チェンバレンが豪快に同点弾!
そこからなんども攻め上がったが、CBカブールに弾き返され、CK15本も活かしきれず
そのまま1-1で引き分けた。

勝てる試合だっただけに勝ち点2を落としたといった方が正しいかな。
しかも怪我人も。。。収穫はこの日の布陣が機能していたこと。
怪我で途中から入ったカソルラも低め目から配給ができてたし、
前節同様エジルの可能性を大いに感じる攻撃でした。

さて、10.2はCLガラタサライ戦!

 

広告を非表示にする