読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第31節 アーセナル VS エヴァートン】 まさかのスタメンもウェルベックの先制点で結果は快勝。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.3.19
アーセナル(A) 2 - 0 エヴァートン(グッディソン・パーク)


【得点】
  7’ 1 - 0 ウェルベック
42’ 2 - 0 イウォビ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160322202802p:plain

 

 

■まさかの中1.5日でもCLとほぼ同じスタメン。

f:id:tsuda929:20160322202842p:plain

 

1.5日前のCLバルサ戦からまさかの1枚
怪我のフラミニだけ が交代。

フラミニ → コクラン

当然FWはジルーで、右SHはキャンベルかと思いきや、
ウェルベックどころか、イウォビまで。
正直無謀なスタメンじゃないかと…。


(交替)
エジル → ギブス(29分)
ウェルベック → ジルー(30分)
・ イウォビ → チェンバース(31分)

 

■試合経過


先制点は7分。 

サンチェス→エジル→サンチェス→ウェルベックと、
まさに華麗なるパスで大事な先制点をもぎ取った。
2点目もボール奪取からベジェリンがスルーに若き才能イウォビが抜け出してゴール。

後半はペースを落としたが危なげなくそのまま試合終了。


■戦評:先制点と追加点で楽に勝てが内容はイマイチ。

どうしても勝たなくてはならないこの試合。
先制点は取り方も時間帯も実に見事。
点が取れないとプレッシャーがかかるし、運動量が落ちることもわかってから
ほんとに大事な大事な先制点でした。

後半はハードスケジュールと2点リードと、エヴァートンのミス
もあって、だいぶ落として、決していい内容ではなかったけど、危なげなく勝利!
何より勝つことが優先されたこの試合できっちり危なげなく勝てたことは素晴らしい

終盤の交代でギブス、チェンバースと入れた時には
どうなることかと思ったが、エヴァートンの動きがよくないので
だいぶ助けられたかな。

ギブスは勝ってる時のいつものポジションだが、チェンバースはトップ下なのか
ボランチなのか微妙な位置で、ボールを奪っても攻めるどころか、
ボールを繋ぐ手立てすら無くしていた。
ほんとにこういうクロージングはやめてほしい。
(本来ヴェンゲルさんはこういう采配は苦手なはずなんだが…)

スタッツ見ても、後半如何に落ちたかがわかる。
7日で3試合スタメンとなったサンチェス、ガブリエル、エルネニーは
さすがにきついぞ。

特にCLで走りまくったエルネニーはきつそうで、明らかに運動量が落ちてた。
ウェルベック、イウォビと連戦で変えざるを得なかったから
エルネニーまで変えれなかったのだろうが、
せっかく戦力になってきたのに、壊れたら元も子もないので
ジルー、キャンベルあたりのモチベーションも含めて、
もうちょっとうまくローテーションさせてほしい。

ともかく勝った。
レスターもトッテナムも勝ってるけど、、、

代表ウィーク明けのワトフォードには当然勝たねばならないし、
FA杯の雪辱を晴らさねばならない。とにかく勝つ!
ちなみにレスターはサウザンプトン戦なんで取りこぼすかもよ。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ   

 

広告を非表示にする