アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第16節 アーセナル VS サウザンプトン】 劣勢な試合も、終盤のジルー弾で維持のドロー

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-1 サウザンプトン

プレミアリーグ】 2017/12/10(日)
アーセナル(A) 1-1 サウザンプトン


【得点】
3’ 0 - 1 オースティン
88’ 1 - 1 ジルー

 

■怪我のムスタフィに代わってメルテザッカーで3バック

f:id:tsuda929:20171213194634p:plain



前節から1枚交代
OUT:ムスタフィ
IN:メルテザッカー

怪我のムスタフィに代わってメルテザッカー
ELで4バックを採用したことからこの試合も4バックかと思われたが、
3バックでCB中央にメルテザッカーを起用した。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171213194646p:plain

 

 

■戦評:敗戦ムードも終了間際のジルー弾でなんとかドローに

前節マンU戦につづいて序盤で失点。
メルテザッカーが簡単に入れかわられてあっさり失点。
その後も何度もDFラインを崩され、あわやという場面も…

前半終盤、右サイドからサンチェスがグラウンダーのクロスを
ラムジーがボレーで併せたシーンが唯一のチャンス。

サウサンプトンの圧の高い守備になかなかボールを繋げず
チャンスを作り出すことが出来ず、もやもやと時間だけが過ぎる

64分にメルテザッカーを下げて、ウェルベック
3バックから4バックに変更した。

そしてウィルシャー入ってようやく活性化しはじめた。Embed from Getty Images やはり中盤である程度キープできるウィルシャーは重要なピースだ!


そして、88分。
サンチェスのクロスに、ジルーが技ありヘッド。
さすが頼れる男ジルーが決めてくれた。Embed from Getty Images

ただ、そのまま試合終了。

勝ち点2を落とすドローで、また足踏み…。

この日の攻撃は想像力に掛け、
サンチェスが下がって深い位置でボール受けてるから
前線で動きが足らず、活性化せずという悪循環。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ