アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第34節 アーセナル VS ニューカッスル・ユナイテッド】 相性のいいニューカッスル相手に2失点敗戦。今シーズン11敗目

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-2 ニューカッスル・ユナイテッド


プレミアリーグ】 2018/4/15(日)
アーセナル(A) 1-2 ニューカッスル・ユナイテッド


【得点】
14’ 1 - 0 ラカゼット
29’ 1 - 1 ペレス
68’ 1 - 2 リッチー

 

■ELから6枚交代、ウィロックプレミデビュー

f:id:tsuda929:20180417195426p:plain



4.12CSKA戦から6枚交代
OUT:ウェルベックウィルシャーエジルラムジー、コシェルニー、ベジェリン
IN:オーバメヤン、ウィロック、イウォビ、ジャカ、ホールディング、チェンバース

ウィロックがひとつ下がって、4-3-3に近い布陣


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180417195452p:plain

 

■戦評:ボール保持するも一工夫なく決定機作れず


入りは悪くなくて、14分には、
ムスタフィ→オーバメヤン→ラカゼットで鮮やかに先制
ところが、ここのあとはなかなか攻め込むことが出来ずに、
ボールを回しているだけ、、、
そのうちにあっさり追いつかれ、
挙げ句の果には、スローインからムスタフィのゆるい守備で失点

前線でのもうひと工夫がなく、 
縦にボールが入らないために
各駅停車のボール回しばかりになる

16本シュート打ってるものの、
枠内はわずか3本
両ウィングがボールを収められない
収まらないからWBがいいタイミングで上がっていけない
イウォビは持ちすぎてボールをロストする
ウィロックは、デビュー戦でなかなか効果的なことは出来ない
結果、ディフェンダーボランチでボールが回っているだけ

正直この内容、結果にはがっかりした
EL優先しているとは言え、
PLも大事であることは変わりなく、
エジルがいないとは言え、この内容は・・・

これで今シーズン11敗目。アウェイ5連敗。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ