アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第19節 アーセナル VS ブライトン】 オーバメヤン弾で先制するも内容乏しく、上位と差がつくドロー

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-1 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン


プレミアリーグ】 12/26(水)
アーセナル(A) 1-1 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン

【得点】
7’ 1 - 0 オーバメヤン
35’ 0 - 1 ロカディア

■4-3-1-2 TOP下エジルオーバメヤン・ラカゼット2TOP

f:id:tsuda929:20181227195012p:plain


18節バーンリーから3枚交代
OUT:エルネニー、ナイルズ、モンレアル
IN:トレイラ、リヒトシュタイナー、コシェルニー

前節躍動したエジル&2TOPで起用

後半頭からエジル→イウォビに交代で
4-3-2-1に変更した。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20181227195025p:plain

■戦評:先制するも自ら主導権捨てて攻め手を欠いてドロー


非常に残念な試合だった。
7分に幸先よく先制したものの、スペース埋められて、ゆったりペースでボールを保持する時間が長くなって、前線への縦パスが入らず、カットされ自ら主導権を失った形となった。
後半エジルを下げてからはさらに攻撃が機能しなくなり、グエンドウジから縦1本しか攻め手がなくなってしまっていた。
正直負けなくてよかったという試合内容で、大事な勝ち点をロストした。
はじめてエメリの采配(イウォビ、ラムジー、ナイルズ)がすべて裏目に出た。Embed from Getty Images


M.O.Mは、オーバメヤン
先制点はさすがの決定力だったが…

《悪かった点》
・前線への縦パスが通らない、カットされる
サイドバックとの連携の欠如
サイドバックボランチエジルで崩すシーンはほとんどなかった)
・エメリ采配(交代が3枚とも裏目に出た)
・失点シーンのリヒトシュタイナーの対応と、グエンドウジのカバーリングの欠如
(あのシーンはグエンドウジが相手の攻め上がりに対応しないといけなかったし、対応できたのに完全に遅れた。)

《良かった点》
オーバメヤンの得点はさすが。
・トレイラがイエローもらわなかったこと(後1枚で出場停止も累積クリアされる)

 


最近、好ゲームの後に内容の乏しい試合をしてしまうことが多い。
エメリはモチベーターな気がする一方、その後の試合に課題を残してしまった。

さぁ、次節、年内最後のリバプール戦で無敗記録を止めて
清々しく新年を迎えたいものだ。モチベーター、エメリの本領発揮だっ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ