アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EL EL決勝T2回戦2nd アーセナル VS レンヌ】 オーバメヤンの2G1Aで大逆転でベスト8進出

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-0(4-3) レンヌ

【EL】 2019/3/14(木)
アーセナル(H) 3-0(4-3) レンヌ

【得点】
5’ 1 - 0 オーバメヤン
15’ 2 - 0 ネイトランドナイルズ
72’ 3 - 0 オーバメヤン

■中3日、3.10快勝のメンバーで3-4-1-2

f:id:tsuda929:20190317140846p:plain

3.10の快勝のマンU戦から2枚交代
OUT:レノ、ソクラテス
IN:チェフ、ムスタフィ

中3日のスケジュールながらこの試合後に間があるため
3.10の快勝したメンバーをほぼ変えずに挑む。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190317140903p:plain

 

■戦評:2ndレグで大逆転でベスト8進出

1st」レグを1-3で落とし絶体絶命の2ndレグで見事なリカバリー。
5分、15分と連続得点であっさり降り出すに戻して、一旦ペースが落ちたものの、72分に決めきって快勝。
見事ベスト8進出を果たした。

M.O.Mは、オーバメヤン
2G1Aは見事。終盤決定機を2度決めきれなかったのは頂けないが、開始5分の得点でチームに勢いをもたらし、72分の得点で逆転。MOMにふさわしい活躍

《悪かった点》
特になし

《良かった点》
<相手ボールの際の守備の意識>
前線からプレスをかける意識、そこを運ばれても中盤から前を向かせない意識 が、チームとして統一されていて、CBの前への守備も積極的で、相手にプレーをさせなかった。
それを生んだのがラムジーの運動量と献身性。MOMでもおかしくない活躍だった。

オーバメヤン2G1A>
大事な試合で結果を出すエース!
特に1Aはオフサイドと思った相手を、集中力でカバーした見事なアシスト。

<交代組のゲームの入り>
イウォビ、ムヒタリアンは途中出場直後からゲームに入り72分の得点の起点となった。

 

とにかく見事なゲームでEL生き残り!

さぁ、この勢いでタイトル奪取だ!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ