アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第37節 アーセナル VS ブライトン】 ホーム最終戦ドローでTOP4入絶望でラムジー・チェフ・ウェルベックとお別れ

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 1-1 ブライトン

プレミアリーグ】 2019/5/5(日)
アーセナル(H) 1-1 ブライトン


【得点】
9’ 1 - 0 オーバメヤン(PK)
61’ 1 - 1 マーリー(PK)

■この土壇場で4-3-1-2

f:id:tsuda929:20190507183725p:plain

 
5.2のELバレンシア戦から中2日で5枚交代
OUT:チェフ、コシェルニー、グエンドウジ、ナイルズ、コラシナツ
IN:チェフ、ムスタフィ、リヒトシュタイナーモンレアルムヒタリアン

この土壇場で24節以来の4-3-1-2

この試合が、今シーズンのホーム最終戦
ラムジー、チェフ、ウェルベックにとっての最後のホームだ。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190507183747p:plain

 

■戦評:TOP4入り絶望のドロー

 
スパーズが取りこぼして可能性が残された大事な一戦で結果を残せなかった。
試合の入りとしては悪くなかった。ややラッキーな形でPKを得て、先制!Embed from Getty Images
これで楽な展開になって、いつ追加点が入るかという展開。
それがGKのビックセーブが続き、落ち着かなくなると、守備意識が薄れ始め、カウンターを食らう。 そんな中、ムヒタリアンパスミスから、最後はジャカがお返しPKを与え、同点にされる。
その後は、得点も失点もあり得たがドローのままジエンド。
TOP4は夢と消えた(正確には、勝ち点3差、得失点で8差だから可能性はある)

M.O.Mは、ラカゼット
献身的な守備は貢献度が高かった。
PK決めたオーバメヤンとしたかったが、決定機を外したマイナスが響いた。

《悪かった点》

<組織的でない守備布陣>

PKで先制しているにもかかわらずカウンターをくらいまくる守備陣形は相変わらずで、失点のシーンもムヒタリアンパスミスからあっという間にゴール前まで運ばれ、PKを与えたもの。
ムヒタリアンのパスが軽率であったのは間違いないし、ジャカの無用なファールが不用意であったのは事実だが、そこまでのパスミス1つでそこまでの自体に陥るリード時の守備が問題だ。

《良かった点》

<4バックでの両SBの攻め上がり>

PKをもらったシーンもそうだが、モンレアルのあのタイミングの上がりは久々に見た。
やはりSBがあの位置でプレーすると何かが起きる。その後も得点の匂いはあったのだが・・・。


とにかく、結果が大事な一戦に勝てなかった。
これでTOP4は絶望的。
今季のミッションであるTOP4入が果たせなかった。
TOP4入どころか3位も見えただけに、ここに来てのつまづきは、想像を超えた。
シーズンの総括は別でやるとして、最後の最後に寂しい結果が・・・。

さらにエジルオーバメヤン、ラカゼットと前線3枚をスタメンで起用したことによりEL2ndレグへの影響もきになるところ。

 

ともあれ1節残して今シーズンPL終了である。
そしてラムジーとのお別れである。Embed from Getty Images

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ