アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 EL Group第6節 アーセナル VS スタンダード・リエージュ】 内容乏しくドローもフランクルと負けて1位通過

 ■結果 アーセナル(A) 2-2 スタンダード・リエージュ 

【EL】 2019/12/12(木)
アーセナル(A) 2-2 スタンダード・リエージュ

【得点】
47’ 0 - 1 バスティエン
69’ 0 - 2 アマラー
78’ 1 - 2 ラカゼット
81’ 2 - 2 サカ

 

■ローテーションで3-4-3

f:id:tsuda929:20191215200211p:plain


過密日程のPL第16節から9枚交代
残ったのは、ソクラテスとネイトランドナイルズ2人だけ。
あとはローテーションで、DFでは、ティアニー、ベジェリン、ホールディングが怪我で、ムスタフィが累積で出場停止で、マブロパノスは今シーズン初スタメン。

【スタッツ】

 f:id:tsuda929:20191215200225p:plain

 

■戦評:内容は伴っていないが、瞬発力で2点取ってなんとかドロー 

 

内容的にはひどかったが、それでも2点差を追いついて、ドロー。
同組のフランクフルトが逆転負けをしたこともあって、ギリギリ1位通過を決めた。
EL決勝トーナメントで、初戦で嫌な相手とは回避できたので、非常に大事な結果である。
後半ソクラテス→マルティネッリにかえて、4バックにしてからなんとか動きが良くなった。

 

M.O.Mは、サカ
最初はWBでの出場で動きに戸惑いも見られたが、それでもしっかり存在感を示し、得点も決めた!

 

《悪かった点》

●相変わらずビルドアップができない
●CBからDMFへパスを出すのを怖がり、DMFも前を向けるときにも後ろに戻すことが多い
●ナイルズ、マブロパノスなどやってわいけない位置でのミスが多すぎる
●ネルソン、ウィロックはどこか動きに迷いがあって思い切りがなくなってしまっている
●空回り感のあるダビドルイスとグエンドウジのアフロコンビ

《良かった点》

●途中出場でもインパクトを残したマルティネッリ
●スミスロウ、サカの積極的な仕掛け
●1位通過できたという結果

 

内容は褒められたものではないけど、
結果が何より必要なだけにこの1位通過は大きい。


Seeded

Ajax (NED)*
Arsenal (ENG)
Basel (SUI)
Benfica (POR)*
Braga (POR)
Celtic (SCO)
Espanyol (ESP)
Gent (BEL)
Internazionale Milano (ITA)*
?stanbul Ba?ak?ehir (TUR)
LASK (AUT)
Malmo (SWE)
Manchester United (ENG)
Porto (POR)
Salzburg (AUT)*
Sevilla (ESP)

 

Unseeded
APOEL (CYP)
AZ Alkmaar (NED)
Bayer Leverkusen (GER)*
CFR Cluj (ROU)
Club Brugge (BEL)*
Copenhagen (DEN)
Eintracht Frankfurt (GER)
Getafe (ESP)
Ludogorets (BUL)
Olympiacos (GRE)*
Rangers (SCO)
Roma (ITA)
Shakhtar Donetsk (UKR)*
Sporting CP (POR)
Wolfsburg (GER)
Wolves (ENG)

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ