アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【ヨーロッパリーグ】 【 Group第2節 アーセナル VS ダンダーク】 ローテーションもBチーム躍動で3発快勝

 ■結果 アーセナル(H) 3-0 ダンダーク 

 【EL】 2020/10/29(木)
アーセナル(H) 3-0 ダンダーク


【得点】
42’ 1 - 0 エンケティア
44’ 2 - 0 ウィロック
46’ 3 - 0 ペペ

 

■Bチームで4-3-3 

f:id:tsuda929:20201101221932p:plain



中2日でマンU戦を控えていることも合って完全Bチームで挑んだ
フォーメーションはもはや4-3-3なのか3-4-3なのかは不明。
CBはジャカとムスタフィ。
GKはルナルソン。アーセナルデビュー!

途中でムスタフィが変わったときには、ジャカとエルネニーのCBということにも?!

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20201101222008p:plain

 

 

■戦評:Bチーム躍動でゲームを支配

Bチームが躍動して完勝。積極的にゲームを支配した。
とにかく前への意識が高く左右両方から縦への進行をチャレンジし決定機を生んでいた。
先制点を取るまでに時間はかかったが、先制点を取ったあとは立て続けに得点し試合を決めた。

 

M.O.Mは、ウィロック
1G1Aの活躍。とにかく前への意識が高くペペ、ソアレスとも連携して決定機を演出。今シーズン出番の少なかった男がセバージョスを脅かす活躍。

 

《悪かった点》 

特になし。

  

《良かった点》

ウィロック、ネルソンの躍動。
…とにかく積極的な動きで好機を演出。2人共ドリブルで運べるために陣形を崩させスペースを生み出していた。

期待の若手バロガンついにデビュー
…シーズン前は移籍話もあった期待の若手バロガンが満を持してデビューを飾った

右SBソアレスの効果的な動き
ソアレスが内に絞った際にもいい動きをしていた。ベジェリンが内に入った際にややボールロストが多いだけに今後出番が増えるかもしれない。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ