アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第14節 アーセナル VS エヴァートン】 後半ゲーム支配するも精度欠き 泥沼PL7戦勝ちなし

 ■結果 アーセナル(A) 1-2 エヴァートン 

 【プレミアリーグ】 2020/12/19(土)
アーセナル(A) 1-2 エヴァートン


【得点】
22’ 0 - 1 O.G.(ホールディング)
35’ 1 - 1 ペペ(PK)
45’ 0 - 2 ミナ

 

■完全に3-4-3へ 

f:id:tsuda929:20201221163637p:plain

前節から2枚交代
OUT:ガブリエウ、オーバメヤン
IN:Dルイス、ウィリアン

オーバメヤンがまさかのベンチ外。どうやら足のハリとのことで軽症であることを祈る。
フォーメーションは、流動的ではあるものの3-4-3へ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20201221163655p:plain

 

■戦評:攻撃面では復調の兆しも精度欠いて敗戦 

残念な敗戦。残念ながら力負け。
少し不運なOGで失点して、NナイルズがPk獲得して追いつくも、前半終了間際のCKでミナに頭で決められ勝ち越しを許し、後半攻めたものの決めきれずに敗戦。
この日はこれまでよりは連動性があったもののゴールという結果には結びつかず。

M.O.Mは、ネイトランド・ナイルズ
やはり中でプレーするならベジェリンよりもNナイルズのほうが良い。インターセプトも何度見せ、集中していた。壁では寝そべりブロックも疲労した。Embed from Getty Images



《悪かった点》

 枠内に飛ばないシュートの精度
…結局この日も枠内2本だけ。その2本ともが前半。ということは可能性を感じた後半の時間帯でも結局枠内に飛ばせていないということ。(後半枠外6本・被ブロック4本)
この試合では、これまでよりゴール前での連動しながらの動きがあったが、ゴール前での落ち着きがほしい。

下がりすぎてボールホルダーにプレッシャーを掛けれない守備
…こちらももはやいつものことになってきたが、ボールを保持されたときに必要以上に下がりすぎる。1失点目はそれが顕著で、相手に中央まで簡単に運ばせて、右サイドの開いているイウォビにらくらく渡ってドリブルで少し持ち出して高速クロスで合わせられて失点。結局最終ラインに5枚+DMF2枚いても決められている。やはりイウォビのドリブルを許さない守備、もしくはイウォビに出させない守備が必要だろう。 

 

《良かった点》

 ウィリアンの中央でのボールさばき
…この日違ったのはウィリアンの動き。どちらかというと内にポジションを取って(サカとティアニーと被らない)、ときにドリブルで横に移動して逆サイドに展開など中央でのプレーが多く、ちらし役を果たしていた。

マルティネッリの帰還
…神童マルティネッリが帰ってきた!まだまだコンディションが万全とは思えないが、短い時間でも頻繁に動き直しを繰り返しており、アーセナルにかけていた流動性のきっかけを生んでいた。多くを期待するのは酷だが、期待してしまう。


ともかく敗戦。
今は受け入れるしかない。
このあと火曜日にリーグ杯でマンCとやってからの土曜日チェルシー戦。
もちろん簡単ではないが、勝てれば浮上の足がかりにできる相手だけに熱い戦いを期待したい!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ