読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CL Group D 第2節 アーセナル VS ガラタサライ】 ウェルベックの覚醒とシュシェスニーのやらかし

チャンピオンズリーグ 】2014.10.2
アーセナル(H) 4 - 1 ガラタサライエミレーツ・スタジアム

【得点】
22' 1-0 D. ウェルベック
30' 2-0 D. ウェルベック
41' 3-0 A. サンチェス
52' 4-0 D. ウェルベック
63' 4-1 B・ユルマズ

【スタッツ】
ポゼッション 52%-48%
枠内シュート 5-7
枠外シュート 8-11

トッテナム戦から怪我のラムジー、アルテタ、ウィルシャーOUTで、
代わりにカソルラ、サンチェス、フラミニIN
そして布陣は流動的なものの前回と同じく4-2-3-1でエジルがトップ下。

f:id:tsuda929:20141006214952p:plain

 

なんといってもウェルベックハットトリック
この日のウェルベックは見事でした。序盤からボールを支配するなかで、何度もスピードで圧倒し、
フィニッシュも冷静に決めきる。覚醒したか?!
これから期待せずにはいられない。

前半で3-0になった時点で勝負はついていたが、52分に1点追加し、あとはどう省エネでクローズするか?!
と思いきや、60分に飛び出したGKシュチェスニーが相手を倒し、PK&退場。
省エネどころか1人少ない状況で残り30分を過ごさねばならくなった…。
やっぱりシュチェスニーは何かやらかすね。この日は勝負がついてたからよかったものの、
大事な試合で、退場とかはほんとに勘弁してほしい。ただし落ち着いていたGKオスピナは好材料

とはいえ、きっちり勝ち点3をゲット。
グループリーグとはいえこの時点で勝ち点稼がないとやばかったので、まずは一安心。

広告を非表示にする