アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第23節 アーセナル VS アストンヴィラ】 ポゼッション率の低いカウンターパスサッカー

プレミアリーグ】2.2
アーセナル(H) 5-0 アストンヴィラエミレーツ・スタジアム

【得点】
8’ 1 - 0 ジルー
56' 2 - 0 エジル
63' 3 - 0 ウォルコット
75' 4 - 0 カソルラ
90' 5 - 0 ベジェリン

【スタッツ】
ポゼッション 48% - 52%
枠内シュート 8 - 2
枠外シュート 5 - 7

先週のシティ戦からサンチェス、チェンバレンOUT、エジルウォルコットIN
そしてGKはFAカップでシチェスニーだったが、リーグ戦はオスピナ再び。
そして新加入のガブリエル・パウリスタがベンチ入りした。

f:id:tsuda929:20150202180720p:plain

試合は序盤からペースを握り、8分にメルテザッカーロングフィード
エジルがワンタッチでオシャレに裏へ流して、抜け出したジルーが冷静にゴール
その後前半は若干ペースを落とし、チャンスを作るも決めることはできなかった。
そして後半、56分にジルーのパスを受けたエジルがカウンターから抜け出し
左足でコースにコントロールし、追加点
さらに63分にはウォルコットが対応の復活弾
その後、変わって入ったアクポムがペナルティーエリア内で倒されPK獲得。
それをカソルラが、読まれながらも豪快に中央に決めて、
アディショナルタイムにはベジェリンが初ゴールを決めて、快勝!!

まったくもって危なげない快勝で、3連勝。
この日も先制したことで、無理はせずに、相手にボールをまわさせて、
ボールを奪ったら素早いすかカウンターでゴールを目指す。
その結果、圧勝でもボゼッション48%でした。

この日目立ったのは、カソルラとベジェリン。
ベジェリンは何度となく攻撃参加して、チャンスを何度も生み出した。
初得点も記録して、今のところ、チェンバース、ドュビッシーよりも結果を出している。
カソルラは、好調を維持しており、もはや攻撃の中心である。

ウォルコットはここにきての得点で、だんだん試合間隔があってきた感じ。
まだサンチェスとのコンビがあってないが、個人のキレでは期待できる。

そして、サウサンプトンスウォンジーに敗れたので、これで勝ち点差なし。
マンUとは勝ち点差1のまま。
いよいよTOP4入りが見えてきた。

次節は、2.7トッテナム戦。
さあ、4連勝だ!

 

広告を非表示にする