読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第25節 アーセナル VS レスター】 守備重視戦術のマイナス面が出たレスター戦。

プレミアリーグ】2.11
アーセナル(H) 2-1 レスター( エミレーツ・スタジアム

【得点】
27’ 1 - 0 ローラン コシェルニー
41’ 2 - 0 ウォルコット
61’ 2 - 1 クラマリッチ

【スタッツ】
ポゼッション 57% - 43%
枠内シュート 7 - 4
枠外シュート 10 - 7

ミッドウィーク(2.7)のトッテナム戦の負けを払拭したいアーセナル
トッテナム戦からジルー、ウェルベックラムジーOUTで
ウォルコットロシツキー、そして怪我明けのサンチェスIN
多少前線をローテーションさせて試合に挑んだ。

 

f:id:tsuda929:20150214235601p:plain

最下位相手に取りこぼしが許されない一戦は、レスターが序盤から攻勢をしかけ
なかなかペースを掴めない展開。
それでも27分にCKからコシェルニーが右足で合わせて先制
その後、41分にもエジルのミドルを弾いたボールをダイレクトに
ウォルコットが鮮やかボレーで決めて追加点
これで楽な展開になるかと思いきや、後半もレスターは果敢に攻めてきて
何度とゴールを脅かされると、ついに61分クラマリッチ
決められれて1点を返される。
その後もペースは握穫れるもそのまま試合終了。

苦しみながらもなんとか勝利したが、
幾度と決定機を与えていたし、ボールロストも目立つ内容で
ポゼッションは数字上は57%に達したが、決してゲームを試合できずにいた。
さらに、後半73分に途中出場したラムジーが、10分足らずで負傷

シティー戦からの【守備重視&ショートパスカウンター】で、
守備の意識が前線からのチェックではなく、引き気味で守ることに比重が
行っているので、ボールを奪われてからのチェックが遅く、ペースを握れない。
レスター相手ならこれまで通りのポゼッションサッカーで前線からのチェックを
貫いたほうが良かったのではないか。
戦術を相手によって、もしくは試合展開によって切り替える。
これが出来るかどうかが、今後の課題であろう。

上位陣では、トッテナムリバプールに敗れ、サウサンプトンは引き分け。
結果、ひとつ上がって5位に。
この3位争いはしばらく続きそう。

広告を非表示にする